小川原湖。周辺は豊かな自然に囲まれオオセッカやマリモなどの貴重な動植物が数多く生息している

写真拡大

十和田湖より大きいのになぜ?
青森県民も知らない“秘境の湖”

 しらうお漁獲量日本一を誇る、青森県東部に位置する小川原(おがわら)湖。

「周辺を八甲田山系の豊かな自然に囲まれた湖は、海水と淡水が微妙に交じり合う汽水湖。ミネラルをたっぷり含み、豊富な水産資源に恵まれているんです」

 そう語るのは青森県東北町・小川原湖漁業協同組合の市場課・生産課課長の鶴ヶ崎昭彦さん。

 全国一の漁獲量である、しらうお、わかさぎ、そして大和しじみや、天然うなぎ、もくずがになど、小川原湖の多種多様な魚介類が、古くから地域の生活や文化を支えてきた。多くの水産物が獲れるため、「地元では宝湖とよばれています」と鶴ヶ崎さんは胸を張る。

 じつは小川原湖のことを、まったく知らなかったのだが、どうやら凄い湖らしい。

 ところで小川原湖の大きさは、青森県内にある十和田湖や十三湖の次くらいでしょうか?

「とんでもない!」鶴ヶ崎さんの声が大きくなる。「次もなにも青森でいちばん大きい湖です! 東北地方でも猪苗代湖の次に大きい。日本で11番目に大きいんですよ!!」

 いきなりの「大きい」三連発。面積は63.2キロ平方メートル。浜名湖並みである。小川原湖は大きいのだ。

 す、すみません…。

 鶴ヶ崎さんが「ですよね…」と、ため息をつく。「全国的に知っている人も少なければ、実は青森県民でも小川原湖を知らない人がいるんだよね。県民ですら湖の名前を読めないし、書けない。こがわらこでもなければ、小河原湖でもないし」と、あきらめ顔。そもそも周囲には観光スポットはなく、八戸エリアから、青森エリアへの「通過地」。過去には「知事まで存在を忘れていた」というエピソードまであるらしい。

 じつは小川原湖には、湖でありながら、れっきとした住所まである。

「小川原湖191番地」。

 住所もあって県内一、日本でも大きく、資源の宝庫、さらには漁獲量日本一の魚がいるのに「秘境状態」。

 誰も知らない宝の湖。

 このあまりの「知名度のなさ」が、小川原湖の漁業にとって深刻な問題となっていたのである。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)