写真提供:マイナビニュース

写真拡大

皆さんは、携帯電話をなくしたことや落としたことがあるだろうか。筆者は一度あるのだが、携帯電話を紛失したときのショックや不安感といったら半端じゃない。そのくらい携帯電話は現代人にとって日常生活になくてはならないものになっている。では、同じく誰もが絶対に紛失したくない、「お財布」と「携帯電話」では紛失したときのショックはどちらが大きいのだろうか。マイナビニュース会員837人を対象にアンケート調査を行った。

○圧倒的にお財布を落とすことの方が嫌!

回答者には、「携帯電話」、「お財布」どちらの方が紛失したら嫌か選択していただいた。

結果は、837人中71.0%となる594人が「お財布」、29.0%となる243人が「携帯電話」で、圧倒的に「お財布」の方が多かった。

「携帯電話」と回答した人に理由を聞くと、やはり「個人情報」に関することが多く、「個人情報が満載だから」、「他人の情報も入っているので迷惑をかける」、「登録している人全員の個人情報が漏れる」など、個人情報の流出により被害を受けることを恐れる意見が多かった。また、「犯罪などに使われてしまいそう」、「おサイフケータイとしても使っているので勝手に使われたら困る」といった、悪用されること不安を覚える意見も目立った。

ほかには、「写真などがたくさん入っているから」、「お金じゃ取り戻せない思い出が詰まっている」、「端末自体にも思い入れがある」など、データや端末自体がなくなってしまうことを嫌がる意見や、「携帯電話をなくしたことを誰にも報告できない」、「誰とも連絡とれなくて寂しい」、「純粋に不便」、「仕事関係の電話がかかってきているかもしれないと思うと落ち着かない」というように、携帯電話の機能が使えないことで困る人も多いようだ。

では「お財布」派の意見はどうだろう。最も多かったのは、「カード類や免許証などが入っているため」とする回答だった。特に再発行や利用停止の手続きを手間に思う人が多いようで、「携帯ならキャリアに一本連絡を入れるだけで済むが、それぞれのカード会社など、連絡をしなければいけない所が多い」、「免許証の再発行が面倒くさい」、「携帯電話なら最悪、遠隔操作でデータを削除してしまえば良いが、財布にはクレジットカード類などの最重要アイテムがたくさん入っているため諦めることができない」などの意見が目立った。

また、「現金」が入っていることを指摘する意見も多く、「お金は大事」、「お金がなくなると何もできなくなる」、「ぶっちゃけ写真とかのデータよりも、お金がなくなることの方が辛い。思い出はまた作れる」など、現金がなくなることを不安に感じる人が多かった。

さらに、「財布自体が高い」、「大切な人からもらった財布だからなくしたくない」など、携帯電話同様に財布自体に思い入れを持つ人も多かった。

お財布も携帯電話も日常生活になくてはならない大切なもの。紛失にはくれぐれも気を付けていただきたい。

調査時期:2014年12月8日〜2014年12月19日調査対象:マイナビニュース会員調査数:837件調査方法:インターネットログイン式アンケート

(記事提供:AndroWire編集部)

(郄橋海)