カメラをタップ

写真拡大 (全3枚)

ボタンを一回押すだけで素早く写真を撮れるiPhoneのカメラ機能は非常に便利で使い勝手が良いです。

バージョンアップを重ねるごとにより良い写真が撮れるようになったiPhoneのカメラ機能には、こちらで露出を調節するやり方を紹介したように、実は隠された機能がまだまだ多くあります。

今回はよりiPhoneのカメラを上手に使いこなせるようになるために、タイマー撮影をする方法を紹介します。時間指定をしてタイマー撮影することで、撮影者も皆と混じって一緒に撮影してもらうことができます。

 

■アイフォンでタイマー撮影する方法

iPhoneでタイマー撮影するためには、まず【カメラアプリ】を起動します。

 

次に、カメラモードの上にある【タイマー】のアイコンをタップします。

 

タイマーが【オフ】の状態になっていると、ホームボタンを押した瞬間に撮影されます。しかし、【3秒】もしくは【10秒】タップすると、ホームボタンを押してから【3秒】、もしくは【10秒】が経過したからシャッターが切られます。

ホームボタンを押してからシャッターが切られるまでに数秒の間があるおかげで、カメラを持っていない状態の自分を撮影したり、皆に混じって写真に写り込めるようになります。