両面ディスプレイは「スマホ大手に挑む武器」:E-Ink画面備えた「YotaPhone 2」

写真拡大

半分スマートフォン、半分電子書籍リーダーの端末、Yota Phone 2。ロシア製で、携帯電話の展望を変革することを目指した製品だ。

「両面ディスプレイは「スマホ大手に挑む武器」:E-Ink画面備えた「YotaPhone 2」」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロシアのスタートアップ、Yota Devicesによって考案された電話「YotaPhone 2」は、両面ディスプレイという武器でマーケットを征服しようとしている。

メインディスプレイは、5インチAMOLED(アクティヴマトリクス式有機ELディスプレイ)のフルHDで、解像度は1,280p。サブディスプレイ(「メイン」よりも人目につくのだが)は曲面のE-Inkディスプレイで、「Kindle Paperwhite」のように常時表示される。

電子インクは、このYotaPhone2のような、スマートフォンと電子書籍リーダーの中間に立つハイブリッドな端末に取り入れられていくのだろう。

「わたしたちはより多くのコンテンツや記事、本に、ウェブサイトやソーシャルメディアを通してふれるようになっています。しかも、モバイル環境はより整っています。それなのに、従来のスマートフォンではあまりに早くバッテリーを消耗するし、目への負担も大きい。そこで、わたしたちは少し違うことを考えました」と、企業のCEO、ウラド・マルティノフはわれわれに説明した。


TAG

AndroidEinkHybridSmartphone

それは、異質な体験だった──。電力消費が非常に少ないので、時間ではなく日数で(!)バッテリーの持続時間を測るE-Inkディスプレイ面のおかげである(5日間の読書が保証されている)。

「YotaEnergyモード」を稼働させることで、バッテリーが残り15%になると、通話やメッセージのような基本的な機能をすべて、E-Inkディスプレイ面に自動的に移すことができる。この機能によって、さらに8.5時間の利用が保証されている。また、「YotaMirrorオプション」を稼働させると、すべてのAndroidアプリがE-Inkディスプレイ面に表示され、チャットや音楽、GPSナビや画像表示も、こちらで利用できる。

「これは優雅さを備えているのみならず、強く感情に訴え、個性の表出となる要素をもつスマートフォンです」(マルティノフ氏)。本体は薄く(厚さが9mm以下で、総重量は145gだ)、両面ともにGorilla Glass 3を使用し、頑丈だ。

丸みを帯びた外見だけでなく、前モデル(「YotaPhone:液晶と電子ペーパーの2つの画面をもつスマートフォン」)との違いは多い。E-Inkディスプレイ面は完全なタッチディスプレイで、紡錘形のボディの中でQualcomm Snapdragon 800クワッドコア 2.2GHzが脈打っている。RAMは2GBで、Android 4.4 KitKatで動く。搭載される通信機能は、4G/LTE、Wi-Fi、NFC、ワイヤレス充電だ。

YotaPhone 2は現在、ヨーロッパ20カ国で販売されている。その後は、中東、中国(2015年予定)に攻め込む準備をしている。それからようやく、競合が厳しい市場で貴重なシェアを侵食するという困難な任務のもと、アメリカ、カナダ、南米に上陸するだろう。

「何かユニークなものをもってさえいれば、大手メーカーのみが支配しているように思われる市場であってもチャンスはあります」と、マルティノフ氏は説明する。彼の製品は、最も大きなディスプレイ、最も先進的なカメラ、最も強力なプロセッサをもつ者たちのマッチョな戦いに、揺るがぬオリジナリティを携えて割って入る。

TAG

AndroidEinkHybridSmartphone