赤とんぼ(アキアカネ)が激減 新農薬の使用が大きな要因

ざっくり言うと

  • 赤とんぼが00年前後を境に、半数以上の府県で1000分の1に激減している
  • 石川県立大学の上田哲行教授の調査によると、原因はイネの新農薬の使用
  • フィプロニルを用いた場合、幼虫はまったく羽化しなくなったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング