「100年に1人の逸材」棚橋弘至のプロレス観を表す絵本とは

ざっくり言うと

  • 棚橋弘至が、自身のプロレス観が表現されているという絵本を紹介している
  • 小学校で読み聞かせることもあるという、「パパのしごとはわるものです」
  • 悪者がいないと正義の味方は活躍できない、という発想の必要性を訴えている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング