RHYMESTER

写真拡大

2014年で結成25周年を迎えたヒップホップユニット・RHYMESTER(ライムスター)が12月19日(金)、六本木EX THEATERにて開催されたイベント「R25 RHYMESTER 25th Aniv. with FUNKY GRAMMAR」にて、レコード会社の移籍、新レーベル設立、そしてお台場の野外特設会場にて初となる主催フェス「人間交差点」の開催を発表した。

さらに、2015年元旦には2年ぶりとなる新曲「Still Changing」のMVが公開されるという。

イベントではRHYMESTERが所属するクルー・FUNKY GRAMMARの面々が勢ぞろいし、熱狂的な盛り上がりを見せた後の発表であっただけに、多くのファンから歓声をもって迎えられた。

最も成功者を輩出しているクルー・FUNKY GRAMMAR、集結



イベントには「最も成功者を輩出しているクルー」と宇多丸さんが自ら言うように、EASTEND、RIP SLYME、KICK THE CAN CREW、MELLOW YELLOWをはじめとした豪華アーティストが結成25周年を祝う為に一同に集結した。

出演者たちは、それぞれのライブに加え、自ら選曲したRHYMESTERカバーを披露。また25年の間の思い出話を交えたトークや、主役のRHYMESTERによるライブなどを次々と展開。

オーディエンスの熱狂が続く中、フィナーレには宇多丸の人気ラジオ番組のタイトルにもなった楽曲「ウィークエンド・シャッフル feat.MCU, RYO-Z, KREVA, CHANNEL, KOHEI JAPAN, SU, LITTLE, ILMARI, GAKU-MC, SONOMI, PES, K.I.N., 童子-T」を披露。大団円の中、幕が閉じた。

25周年での重大発表



25周年イベントの終演後に、その都度重大発表を行ってきたRHYMESTERは、2015年春にお台場の野外特設会場にて初となる主催フェス「人間交差点」の開催を告知。イベントの詳細は今後随時発表されるという。

また、続いてビクターエンタテインメントへの移籍と、RHYMESTER主催の新レーベル「starplayers Records」設立を立て続けに発表。新曲「Still Changing」のミュージックビデオの発表にも触れた。

結成25周年を経て、さらなる挑戦姿勢を打ち出したRHYMESTER。「キング・オブ・ステージ」の名を欲しいままにし、いまだに日本語ラップのシーンを最前線で牽引し続けるRHYMESTERの伝説は終わりそうにない。