都内のホテルで行われた、青木功のプロ生活50周年を祝う会。会の冒頭では青木が家族、関係者、メディア、ゴルフファンなどへ向けて感謝のスピーチを行い、その中で「生涯のライバル」と名指ししたのが尾崎将司だった。青木は尾崎に向けて「ジャンボに敵わなくなってきたときにアプローチとパットだけは負けないようにと思って練習をしてきたから今の自分がある。ジャンボ尾崎が俺の永久のライバル。ジャンボ、ありがとうな」とコメント。大きな拍手が会場に巻き起こった。
青木功がプロ50周年「青木功に引退という言葉はいらない」
 それを受けた尾崎は駆け付けた安倍晋三首相らにつづいて壇上に上がると、ジャンボ節で青木のこれまでの歩みを称えた。「先ほど“世界の青木功”から永遠のライバルと言われたけど、俺のライバルはタイガー・ウッズです」と笑いで空気を作ると、「俺はこの前45周年記念パーティを滋賀の山奥でやったのに君はここですか!しかも、来ている方のすごいこと。安倍総理ですよ?」と続けて爆笑を誘った。
 だが、もちろんこれだけでは終わらせないのがジャンボ流。「ゴルフも顔も俺の方が上だけど、青木さんは年を取ってからすごい活躍をした。かたや俺は生涯レギュラーツアーという看板を掲げながら、開店休業状態。だいぶおいていかれているような気がする」と自身の現状に触れながら、「僕と青木功はゴルフという素晴らしいスポーツに出会ってここまで頑張ってこれた。これに関しては人生100%満足できる気がします」とライバルとの歩みを振り返った。
 最後は百試千改をゴルフのテーマとする尾崎らしく、1つの言葉を挙げた。「老騏千里(ろうきせんりを思う)という言葉があります。英雄が年老いても覇気を持っていつまでも自分の夢を追い続ける。頑張っていって欲しい。アンタの(立派な)ふくらはぎがあれば絶対大丈夫だよ!」。青木だけでなく自分自身にも向けられたようなその言葉。約800人の出席者の胸に強く刻み込まれた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【毎プレ】話題沸騰!毎日ゴルフ用品が当たる!?
浅尾美和似のアスリート美女が登場!「美ゴ女」
毎週更新!人気女子プロの写真は「女子プロ写真館」から!
ギアNAVIで話題のクラブをチェック!