2014年、ダイエッターが積極的に食べていた食品ベスト10を発表

写真拡大

 ウィットは、同社が開発・運用しているダイエット支援アプリ「あすけん」で、2014年1月〜11月にユーザーが入力した約6,000万件の食事記録から市販食品のみの記録回数を集計し、2014年にダイエッターがよく食べた市販食品ベスト10をまとめた。

 1位は『フルーツグラノーラ フルグラ(カルビー)』で、記録回数は110,354回だった。フルーツグラノーラは食物繊維や鉄などが多く含まれた栄養豊富な食品で、「朝食を抜くと逆に太る」という考え方も浸透してきたためか、朝食にフルーツグラノーラを適量食べるという人が増えているという。

 2位は『野菜一日これ一本(カゴメ)』で、記録回数は85,090回。ダイエッターが記録した野菜ジュースの中で、最も多かったのが、甘さ控えめで低カロリーなところも人気の同商品だという。

 3位は『調製豆乳(キッコーマン飲料)』で、記録回数は78,011回。牛乳よりも脂質が少なく、女性ホルモン同様の働きをするイソフラボンが含まれることから、美容目的で愛飲している女性も多く、鉄・ビタミンEなど女性に必要な栄養素も含まれているという。

 4位以下は『1日分の野菜(伊藤園)』(記録回数72,880回)、5位『ビヒダスBB536プレーンヨーグルト脂肪0(森永乳業)』(記録回数40,264回)、6位『マルチビタミン30日分(DHC)』、8位『ナチュレ恵megumi 脂肪0(雪印メグミルク)』(記録回数29,782回)、9位『ヤクルト(ヤクルト)』(記録回数29,538回)、10位『調製豆乳 カロリー45%オフ(マルサンアイ)』(記録回数24,899回)と続いている。