「東池袋一丁目新シネマコンプレックス」のイメージ

写真拡大

首都圏最大級の複合映画館「東池袋一丁目新シネマコンプレックス」が、2017年より東京・池袋に開業することが明らかになった。

新シネマコンプレックスには、600人が同時鑑賞できるという巨大スクリーン・次世代IMAXや、最新のスピーカーシステムなど、これまでにない最先端の技術が集結する予定となっている。

首都圏最大級のシネコンが池袋に誕生



東池袋一丁目新シネマコンプレックス


今回開業が決まった「東池袋一丁目新シネマコンプレックス」は、池袋のサンシャイン60通り沿いに建設される、敷地面積約1837平方メートル、地上15階建てという大規模な複合映画館。B1〜3階は商業施設、4〜15階部分を12スクリーン・約2,600席という首都圏最大級のシネコンとなる。

新シネマコンプレックスではあらゆるジャンルの上映作品が鑑賞できることはもちろんのこと、より映画を楽しむための鑑賞設備の導入にも力を入れていくという。

座席が作品中のシーンとリンクし、前後上下左右へ稼働したり、風やミスト、香りや煙りなどを感じることができる体感型プレミアムシアター「4DX」や、それぞれのシーンのイメージを音へ正確に反映するシネマ音響システム「Dolby Atmos」、音を上下に拡散させず、客席の前方から後方まで均一に音を再生する最新鋭のスピーカーシステム「ヴィヴ・オーディオ」を導入。

RX-78-2ガンダム


そして最上階には、高さ18m、幅26mの国内最大級の巨大スクリーン「次世代IMAX」を設置。これは、なんと「ガンダム」シリーズに登場するRX-78-2ガンダムに相当する高さだそうで、約600人が同時に鑑賞することができるという。

近年「アニメファンの街」として存在感が高まりつつある池袋にオープンする新シネマコンプレックス。同じくサンシャイン60通り沿いにある映画館「シネマサンシャイン池袋」とともに、池袋のアニメ文化をリードするアニメグッズ販売チェーンのアニメイトや、10月に池袋に本社を移転したニコニコ本社と協力して、池袋全体を巻き込むアニメイベントを実施していくそうだ。