ソニー、普通のメガネをスマートグラスに変えるモジュールを発表

写真拡大

ソニーは、「Google Glass」と同じような機能を多く備えた「片眼用ディスプレイ・モジュール」を発表した。普通のメガネやゴーグルなどに装着して使える。

「ソニー、普通のメガネをスマートグラスに変えるモジュールを発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

ソニーは12月17日(日本時間)、「Google Glass」と同じような機能を多く備えた「片眼用ディスプレイモジュール」を発表した

この着脱可能なディスプレイモジュールは、超小型の高精細カラー有機ELディスプレイと、このディスプレイの高画質を活かす超小型光学ユニット、それにスマートフォンと同等レヴェルの性能を持ちながら小型化されたプロセッサーを搭載している。

このモジュールの目新しい点は、普通のメガネやサングラス、スキーのゴーグルなどに装着して使うことにある。そのため、より手軽に利用できるとソニーは言う。「特殊なメガネ」を常に着用する必要がなくなり、状況に応じてメガネに取り付けたり、取り外してしまっておいたりできるからだ。

さらに、さまざまなヴィジュアル情報を表示するサブウィンドウはとても小さいため、視界の妨げにならないという。

ソニーでは、2015年1月の「CES」でこのディスプレイモジュールを披露し、2015年中に量産を始めたいとしている。また、この着脱可能なウェアラブルデヴァイスの市場を拡大するため、スポーツ、エンターテインメント、電機製品などさまざまな分野をターゲットにしたい考えだ(ビジネスパートナーにモジュールを提供する計画)。

TAG

SmartglassSonyWiredUK