英国の月探査プロジェクト、資金調達サイトで約1億円の目標達成

写真拡大

月への到達を目指す英国の民間プロジェクト「Lunar Mission One」が、「Kickstarter」で60万ポンド(約1.1億円)の資金調達目標を達成した。

「英国の月探査プロジェクト、資金調達サイトで約1億円の目標達成」の写真・リンク付きの記事はこちら

月の南極への到達を目指す英国の民間プロジェクト「Lunar Mission One」が12月16日、「Kickstarter」で行っていた資金調達キャンペーンの目標額600,000ポンド(約1.1億円)を達成した。

英国の共同事業体であるLunar Missions社は、このキャンペーンを11月に開始していた。チームは、今後10年間にわたる月探査プロジェクトを開始するために十分な資金を集めたことになる。

ミッションの目標は、月にプローブ・ロボットを着陸させて100mの深さまで穴を掘り、45.5億年前の月の岩を採取することだ。

Lunar Missions社のイアン・テイラー会長は、Kickstarterでのチームの成功に寄せて、「Lunar Mission Oneは、政府機関に支配されない、独立したヴェンチャーとして慎重に立ち上げられた」とコメントしている。

このプロジェクトを資金面で支援した人たちは、60カ国以上の7,000人近くにのぼる。さらに、スティーヴン・ホーキング博士など、宇宙産業や科学コミュニティの多くの著名人たちからも支援を受けている(文末の動画参照)。

さらにLunar Missionsでは最近、諮問委員会のメンバーとして、宇宙産業の著名人を複数任命している。具体的には、国際連合宇宙局(UNOOSA)の元事務局長マズラン・オスマンや、米航空宇宙局(NASA)の元宇宙飛行士ダニエル・ミチオ・タニ(日系3世)、さらには、米国の衛星通信ビジネスの企業家ロバート・ブラムリーなどだ。

キャンペーン締め切りまでにまだ24時間あるが、Lunar Missions社では、さらに上の目標である700,000ポンド(約1.3億円)達成を期待している。今後24時間でこの目標を達成できれば、準備段階全体の資金を賄うことができる。

TAG

KickstarterMoonSpaceVideoWiredUK