好みやインテリアにマッチする4色をラインアップ

写真拡大

ヤマハ(静岡県浜松市)は、Bluetoothスピーカーの新製品「NX-B150」を2014年12月下旬に発売する。

デスクトップや壁掛けスピーカーとして

インテリア用のスポットライトをモチーフにした、継ぎ目がない、滑らかなメタルな素材感のあるラウンドフォルムデザインを採用。スマホやタブレットなどの再生機器とBluetoothで接続し、音楽コンテンツを左右のサテライトスピーカーとベースユニットの2.1chで楽しめる。対応プロファイルがA2DP、コーデックがSBC/AAC。

サテライトスピーカーは0.5kgと軽量。スタンド方式なので、角度を好みの視聴位置に調節することが可能。デスクトップに置くのはもちろん、スポットライトのように壁掛けにもできる。

キャビネットにメタル製カバーを採用しており、振動を抑制し質感の高いクリアな中高域を再現。ベースユニットには同社独自の「ロングバスレフポート構造」採用の大口径13cmウーファーユニットを内蔵。低域から高域までバランスの取れたサウンドを楽しめる。

3.5mmステレオミニプラグケーブル(3.0m)が付属し、テレビやパソコンからの入力も可能。カラーはホワイト、ライトブルー、シルバー、ブラックの4色。