2014年12月には約30件のIPO(新規上場)が予定されている株式市場だが、どういった投資戦略をとればよいか。投資情報サイト「東京IPO」編集長・西堀敬氏が特に注目しているのは、外国人投資家や機関投資家のポートフォリオに組み入れられる可能性が高い銘柄だという。以下、西堀氏が注目する個別銘柄を紹介する。

 * * *
 2014年最大の上場規模で10月16日に東証1部に上場したリクルートホールディングス(6098)は、内外主要指数採用などに伴う良好な需給環境などから、今後も目が離せない銘柄だ。そもそも人材関連は市場で根強い人気のあるテーマであり、人材メディアや人材派遣を手がける同社は、そのテーマの中核銘柄として、今後も存在感を高めていくのは間違いないだろう。

 時価総額が2兆円を超える成長株であり、あらゆる機関投資家がポートフォリオに組み入れたい銘柄の筆頭格の銘柄といえる。まずはTOPIX(東証株価指数)に採用されるほか、それぞれ指数連動で運用する外国人や年金、投資信託、ETF(上場投資信託)などの買いが想定される。

 したがって幅広い投資家の買いが一巡するまでは、株価が下落してもすぐに押し目で拾われることが考えられ、とりあえず2015年3月決算まではかなり強い相場が期待できる。2012年に再上場したJALのケースと同様に、同社の株価は1年で1.5倍になってもおかしくない。

※マネーポスト2015年新春号