家飲みにおける最多飲用ビールテイスト飲料の割合

写真拡大 (全2枚)

 サッポロビールは、ビール愛飲者を対象に、飲む機会が増える年末年始の飲酒行動などについてアンケート調査を実施した。

 家飲みにおけるビールテイスト飲料の消費量や購買量などについて、1年前と比較してどう変わったのかを聞いたところ、1年前と比べてビールテイスト飲料の家飲み飲用量が増えたと回答した人は約30%で、減った人に比べ3倍強という結果となった。また、家飲みでプレミアムビールを最もよく飲むと答えた人は約17%で、家飲みでビールテイスト飲料を楽しむ頻度は、週2〜3日に350ml缶を1本が約21%だった。

 正月に飲みたいお酒の種類や銘柄など飲酒行動について聞いたところ、楽しみたい酒はプレミアムビールが約81%、中でも「ヱビスビール」を楽しみたい人が約54%を占めた。

 日頃プレミアムビールを愛飲している人に、我慢/節制していることはあるかを聞いたところ、「日頃から特に我慢/節制していない」と回答した人が80%となり、多数を占めた。

 普段二日酔い対策で実践していることを聞いたところ、50%以上の人が何らかの対策を講じており、「二日酔い防止ドリンク剤を飲む」が33.8%で最も多く、以下「水を大量に飲んでから寝る」23.3%、「二日酔い防止薬を飲む」6.2%、「糖分を摂取してから寝る」1.0%と続いた。