プリン体や糖質に配慮しながらも「のみごたえ」にこだわった!

写真拡大

アサヒビールは、「アサヒオフ」の味わいとパッケージをクオリティアップして2014年12月中旬から発売する。

プリン体85%オフ、糖質70%オフという2つのオフが特長の新ジャンル。

原麦汁エキス濃度を従来と比較して高めることで、アルコール度数を3.5%以上4.5%未満から、4%以上5%未満に変更。プリン体オフや糖質オフといった機能を重視しつつも、よりのみごたえを向上させた。

パッケージは、クオリティアップの内容を分かりやすくするため「アルコール度数UPで、のみごたえUP!」の文字を大きく記載。変更点となる「Alc.4%以上5%未満」の文字も記載した。

健康意識の高まりにより、プリン体や糖質に配慮したビール類の支持が上昇している中で、よりのみごたえにこだわる声に応えた。