東大合格請負人こと時田先生は、東大ノートより白紙がいいと語る

写真拡大

 偏差値35の高校生を1年2カ月で東大合格へと導いた実績を持つ、いま注目の受験コンサルタント、時田啓光氏。氏は自身の実績から“東大合格請負人”を名乗るが、大手予備校に所属する講師ではない。口コミや教え子の紹介などによる家庭教師や塾講師など、草の根的な指導を通じて、1200人以上の生徒を教えてきた。生徒一人ひとりに向き合う指導は親たちからの信頼も厚い。本格的な受験シーズンを前に、時田氏の受験哲学を聞いた。まずは【前編】をお届けする。

 * * *
――偏差値35の高校生が東大に受かるまでの経緯を教えてください。

時田:別の生徒からの紹介で、彼の家庭教師を頼まれたんです。お母さんに会うと第一声、「うちの子は馬鹿なんです、馬鹿なんです……」って、申し訳なさそうに仰いました。でも、初めて彼の部屋に入った瞬間に私は、「この子、東大くらいは受かるんじゃないか」って思ったんです。

――部屋を見て、東大に受かると思われたと。部屋には何があったのでしょう。

時田:360度、野球だったんです。彼は野球が大好きで、プロ野球のポスターからフィギュア、バット、グローブ、ゲーム、観戦ノートなど、野球に関するありとあらゆるもので部屋が埋め尽くされていた。このくらい何かに熱中できる子、周りから“〇〇バカ”って言われるような子は私の経験上、とてつもない力を持っているんですね。

 一つことを突き詰める過程には、必ず試行錯誤があります。疑問が生じたら調べるとか、壁にぶち当たったら新しい道を探ったり、克服したりという問題解決を、日々行っています。だから私は“〇〇バカ”の子が持つ高い問題解決能力を意識化してあげて、勉強に応用していくんです。

――野球を勉強に応用するとは、具体的にどうするのでしょうか。

時田:最初は、いわゆる受験勉強をしませんでした。野球について存分に話してもらったんですね。例えば今シーズンはなぜあのチームが強いの? と聞く。どんどん質問をぶつけて、どんどん答えてもらう。人を言葉で納得させるには、最低限、「国語力」と「数学力」が必要です。文章で表現する力は国語力であり、情報の取捨選択をするのは数学の力なんです。そうやって国語力と数学力を鍛えていきました。

 それから彼は、あらゆるプロ野球選手の打率、防御率を覚えていたんですね。計算は苦手と言っていましたが、打率や防御率がわかるということは、少しヒントを与えれば、数字もわかるようになるんです。

――歴史など、記憶力が必要な科目はどうしましたか。

時田:歴史も野球を活用して覚えていきました。「ピッチャーってどういうタイプ?」と聞くと「積極的でオレ様な人」と言う。「戦国武将でいうと誰かなあ」「信長だね」となる。「キャッチャーはどっしり構えていて全体を見渡すことのできるタイプだよね」「じゃあ家康かな」と。「信長の後ろに控えているのが明智だから、明智はセカンドだね」とか。そんな会話を通じて、彼は次第に歴史に興味を持っていきました。

 いまお話したのは単純化した一例ですが、つまり大事なのは“関連付ける”ことです。自分が好きなあれと勉強は一緒なんだな、と気付くと、子供は興味を持つようになる。勉強への苦手意識や抵抗感が薄まってくる。すると自分で勝手に調べたり、質問を始めるんです。彼は当初、東大を目指したわけではなかったのですが、そこから急速に伸びました。でも、彼よりももっと変わったのはお母さんです。

――お母さんが変わると、子供の成績にどう影響しますか。

時田:「うちの子、馬鹿なんです、ダメなんです」って言っていたお母さんが、子供の成績が上がるのを見て、ニコニコするようになる。短所だと思っていた子供の特徴が長所だったと気づいて、物の見方も柔軟になっていく。そんな母親を見て、子供はますますやる気になります。勉強って一人でやるものじゃないんですね。私は生徒たちに、「受験勉強は大切な人のためにやるものだ」と伝えています。

――受験勉強は、自分のためではなく、他人のためだと。それはどういう意味でしょうか。

時田:人って案外、自分のためだけには努力できないものなんです。合理的に見えて、それだけで動いていないのが人間なんですね。

 私は最初の授業で生徒にこう言います。受験勉強を頑張って、課題を一つ克服できたとする。この「努力して壁を超えた経験」があれば、あなたの大切な人――家族や友人、今あるいは将来の恋人――が苦しんでいるとき、困ったときに、自信をもって手を差し伸べられるようになると。経験したことでないと、人は語れませんから。受験でそういう力を鍛えられたらいいよね、一緒にやってみない? と問いかけて、「うん」と賛同してくれた子と一緒に勉強を始めます。

――先生は「教え合う」ことを指導の理念とされていますが、これは、“人のため”に勉強するといういまのお話と関連性がありますか。

時田:教え合うのは人のためでもあり、自分のためでもあります。「教え合う」ことで確実に成績が上がります。これは私自身が経験したことです。

 私が高校時代に通っていた塾は特殊で、先生は一度教えたことを二度と教えてはくれないんです。その後は、先生の話を聞いて理解した生徒が、わからない生徒に教える。私は数学が得意だったので、数学については他の生徒や後輩に教えることになりました。最初は、「自分の当たり前と、他人の当たり前が全然違う」ことにびっくりしましたね。そこから、どんな質問にも答えられるよう普段の3倍勉強した。

 結果的に、自分の成績も上がって全国模試1位になったし、後輩に「先輩の教え方、上手ですね」って褒められて、有頂天にもなれた(笑)。この時の経験がいまも生きています。

――勉強においても、他人とのコミュニケーションが大事なんですね。

時田:生徒が聞きっぱなし、先生が言いっぱなしの指導ではダメだと思います。学校でも教え合うといいんですよ。同じくらいの成績の仲間を見つけて教え合うことができれば、進学校に通ってなくても東大に行けると私は思いますね。

――先生はカフェで授業もされるとお聞きしました。それはなぜでしょうか。

時田:受験が近くなると、家族中がその子に気を使って静かにしている、という家庭も増えます。また最近の大手予備校は、机がパーティションで区切られていて、個室のようになっているところもあるようです。集中するにはいい環境ですが、受験当日は、周囲の人が目に入り、鉛筆や紙を擦る音などが聞こえる中で試験を受けるわけです。ですから私は、完全な個室ではなく、ある程度周囲の雑音などが五感に入ってくる場所で集中できる力も大事だと考えているんです。

 本番を想定するという点でもう一つ。東大の数学の回答用紙って真っ白なんですよ。「東大ノート」があるときから流行りましたが、これには罫線やドットが用意されています。綺麗なノートを作成するにはとても便利ですが、真っ白なページに自分でまとめる力も日頃から付けておくといいと思いますね。

■時田啓光(ときた・ひろみつ)/株式会社合格舎代表取締役。下関出身、京都大学大学院卒業。日本プレゼンテーション協会認定講師。これまでに延べ1200名を指導し、偏差値35の生徒を東京大学合格に導く。東京・千葉・長野・広島などの全国の学校教育機関や各種団体で講演活動も行うなど、幅広く活動している