Photo: Jack English © 2014 Gravier Productions, Inc.

写真拡大

ウディ・アレン監督の新作映画『マジック・イン・ムーンライト』が、4月11日から東京・新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー、Bunkamuraル・シネマほか全国で公開されることがわかった。

【もっと大きな写真を見る】

同監督にとって、主演のケイト・ブランシェットが『第86回アカデミー賞』で主演女優賞に輝いた監督作『ブルージャスミン』に続く新作となる『マジック・イン・ムーンライト』は、1920年代の南フランスを舞台に据えた作品。魔法や超能力など絶対に存在しないと信じるイギリス人マジシャンのスタンリーが、大富豪が入れ込んでいる女性占い師の真偽を見抜いて欲しいと友人に頼まれたことから始まるユーモラスな恋愛模様が描かれる。

他人を騙すが、自分は他人から騙されないように生きる皮肉屋のスタンリー役にはコリン・ファース。他人の心を見透かすが、他人から見透かされることを避けるアメリカ人占い師・ソフィー役をエマ・ストーンが演じる。