『女くどき飯』原作ビジュアル ©峰なゆか/ドラマ「女くどき飯」製作委員会・MBS

写真拡大

連続テレビドラマ『女くどき飯』が、1月25日24:50からMBS、1月27日25:11からTBSで放送される。

【もっと写真を見る】

峰なゆかが飲食店情報検索サイト「ぐるなび」で連載中の同名漫画をもとにした同作。原作は、峰とデートしたい男性をサイト上で募集し、毎月1人の応募者と峰が様々な店で食事をしながら会話する様子を描いた作品だ。

ドラマ版は、彼氏いない暦5年のライター・神林恵を主人公に、応募者の独身男性が提案する店で「食事しながら口説かれる」という雑誌の連載企画を持ちかけられた恵が、連載のために様々な男性と飲食店でデートを重ねながら理想の男性を追い求める姿を描くグルメコメディーとなる。

原稿料の大半を外食につぎ込み、飲食店に関する膨大な知識を持つ29歳の恵を演じるのは貫地谷しほり。ドラマは、毎回実在する飲食店を貫地谷と男性ゲストが訪れるという構成となる。監督はテレビドラマ『孤独のグルメ』『めしばな刑事タチバナ』などを手掛ける宝来忠昭と、ドラマ『アゲイン!!』『花のズボラ飯』などを手掛ける深迫康之、脚本はテレビドラマ『たべるダケ』などの北川亜矢子が担当。プロデューサーは、ドラマ『深夜食堂』、映画『しあわせのパン』などの森谷雄が務める。

■峰なゆかのコメント
初対面の男性と次々デートというシチュエーションは同じなのに、海千山千の私と、彼氏いない歴の長いドラマの主人公とではまったく違う展開になりそうで、一視聴者として楽しみにしています。

■貫地谷しほりのコメント
普段のお店選びは友達任せの私ですが食べる事が本当に大好きです。実際のお店とも連動企画があるという事で凄く楽しみにしています。29歳最初の作品になりますので等身大のギリギリ感を楽しみたいです。