「ゴーストバスターズ」スピンオフにチャニング・テイタムらが出演か。

写真拡大

チャニング・テイタムとクリス・プラットが、「ゴーストバスターズ」のスピンオフ映画に出演するかもしれない。

最近ソニーから流失したEメールによると、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の監督を務めたジョー&アンソニー・ルッソ兄弟がこのスピンオフ映画の製作に興味を抱いているという。

米ブログメディアのザ・デイリー・ビーストが入手した「ゴーストバスターズ」と名づけられたタイトルのEメールでは、チャニングが「世界の裏側を見せて、すべての名誉ある素晴らしい映画や、最高の『バッドマン・ビギンズ』のような映画と戦おうじゃないか」「俺たちはこの映画を大作フランチャイズ映画に作り上げることができると思うよ。楽しい狂った冒険みたいだ。やろうぜ!!!」と綴っているという。

一方でコロンビア・ピクチャーズの共同会長であるハンナ・ミンゲルは、Eメールの中で同作が持つ可能性の詳細をいくつか書き足している。

「ルッソ兄弟、チャニング……すごいアイデアたちだわ。新たな神話を作り上げて何作も映画を作れるようにしたいわね(クリストファー・ノーラン監督がバッドマンを改革したように)」
「誤解のないようにしておくと、ルッソ兄弟は監督ではなくプロデュースをしたいの。一方でチャニングとクリスは一緒に出演できる映画を探しているけど、まだこのことを向こうには伝えていないわ。なぜなら私たちがどんな反応をするか向こうは分かっていなかったみたいだから」
「彼らはとてつもなく怖いと同時にとても面白い作品を作りたいと思っているのよ。科学的に証明できない世界の中で超常現象を信じる人間のヒーローで、超常現象から人類を救うキャラクターというアイデアが彼らは好きみたい」