腫瘍を手で感じられるCTスキャンが実現する日:「見えないものを感じる」触覚ホログラム技術、英ブリストル大学が開発

写真拡大

ブリストル大学の研究者チームが、超音波を利用して、見えないものを空中につくり出す技術を開発した。「腫瘍を手で感じられるCTスキャン」などが作製できる可能性がある。

「腫瘍を手で感じられるCTスキャンが実現する日:「見えないものを感じる」触覚ホログラム技術、英ブリストル大学が開発」の写真・リンク付きの記事はこちら

ブリストル大学の研究者チームはこのほど、目に見えない三次元の触覚形状を、「焦点を定めた超音波を使って空中で」作成する方法を発見したと発表した。触覚技術は最近、急速に成長を続けており、近年のビッグビジネスとなっている。

この研究は、12月はじめに『ACM Transactions on Graphics(TOG)』誌に発表されたもので、数千個の微小なスピーカーから音圧波を発生させることによって機能する。

このシステムでは、人の手の位置を精密に追跡できるLeap Motion社製のセンサーを利用して、空中に触覚対象物を作製する位置を正確に特定する。

(関連記事)話題のジェスチャー操作「Leap」、発送開始へ

研究チームは2013年12月にUltrahaptics社を立ち上げており、現在の目標は、このシステムで「触れないことの短所をなくす」ことだと、ブリストル大学のスリラム・スブラマニアン教授は述べる。


TAG

HapticHologramResearchVideoWiredUK

研究チームは、このシステムが近い将来に、美術館や手術室、家電製品や自動車業界で実用化されることを望んでいる。例えば、この技術をヴァーチャルリアリティ(VR)システムに組み込めば、触覚の次元を追加することによって、3次元ヴァーチャル環境シミュレーションを強化できるとチームは考えている。

さらに、まだ研究の初期段階ではあるが、Ultrahaptics社のひとつの目標は、外科医が人体の内部を視覚で診察できるようにすることだ。例えば腫瘍を手で感じられるような、触覚フィードバックのあるCTスキャンをつくれるかもしれない。

さらに、このシステムをクルマに組み込むことも提案されている。例えば、運転者にとって死角になる、首の左側に「ピリピリするような感覚」を送って、別のクルマが近づいているのを示す技術だ。

ただし、スブラマニアン教授によると、3次元ホログラムを体験する人が、複製された対象物の正確な手触りや重さを感じられるようにするには、さらなる研究が必要だという。

TAG

HapticHologramResearchVideoWiredUK