ゴールデンボンバー 鬼龍院翔

写真拡大

16日に放送した「Rの法則」(NHK Eテレ)にゴールデンボンバーがゲスト出演して生演奏を披露した。

番組では全国の女子高生300人に「ゴールデンボンバー ここを変えたらもっと売れることは?」というアンケートを元に、要望が一番多かったという“生演奏”をスタジオで披露することになった。

メンバー4人は、わずか1週間しかない練習期間で「また君に番号を聞けなかった」を猛特訓したそう。スタジオでは、まず普段通り“録音されたオケを流したバージョン”の後に生演奏を披露したが、生演奏に切り替わった途端、スタジオは笑いの渦に包まれた。

ボーカルの鬼龍院翔は、派手な動きもなく、終始片方の耳を押さえながら歌い難そうな様子で歌っていた。演奏終了後、メンバーは「本当にすみませんでした!」と次々に連呼して謝罪した。

続けて喜矢武豊が「ダメなんだ。弾いちゃダメなんだって」、鬼龍院翔が「僕ら、弾けません」、樽美酒研二が「放送事故だよ、これ!」と、次々に自虐的なコメントをした。

【関連記事】
ゴールデンボンバー鬼龍院翔が初体験の年齢を告白「新宿のラブホテルで包み込んでもらった」
ゴールデンボンバー・鬼龍院翔がキンタロー。の「フライングゲット」を完全再現
ゴールデンボンバー・歌広場淳 「石原さとみさんを可愛いと思ったことが一回もない!あのドラマで」