九州で危険ドラッグ販売店が全て廃業と九州厚生局麻薬取締部が発表

ざっくり言うと

  • 九州で危険ドラッグを販売していた店が、すべて廃業したことがわかった
  • 警察が販売店を摘発した他、麻薬取締部が各店に成分検査を命令
  • その結果、廃業届を出したり、自主的に閉店したりする販売店が相次いだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング