景気を占う! 今年の冬のボーナス、例年と比べて上がった? 下がった?

ボーナスの金額は、その年の企業の業績や個人の成績で決まることが多く、景気を占う指標とも言えそうです。そこで、今年の冬のボーナスの金額にまつわる質問をしてみました。

Q.今年の冬のボーナスの金額は、どのくらいになりましたか(なりそう)?
1位/例年とほとんど変わらない……59.2%
2位/例年より多い……16.5%
3位/例年より少ない……14.1%
4位/今年、初めて冬のボーナスをもらう……10.2%
※単一回答式。

■1位「例年とほとんど変わらない」
・「増加もないが減少もなく、まあまあマシ」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「会社の業績がさほど変わらず横ばい状態なので、去年と同じくらい」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「やっぱりまだ不景気」(25歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

■2位「例年より多い」
・「給料が上がったから」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「リーマンショック以降で、初めて業績が回復した時期だから」(28歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)
・「仕事が評価された」(33歳/不動産/事務系専門職)

■3位「例年より少ない」
・「会社の業績がよくないから」(32歳/情報・IT/技術職)
・「会社が自分に求めていることと、自分が目指す方向がちがっていて、評価されなかったから」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)
・「休職してしまったぶん、減っている」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

1位は「例年とほとんど変わらない」という結果となりました。会社の業績がそこまで変わっていないので、ボーナスの金額も変化しない、と思う人が多いようですね。2位の「例年より多い」という人は、お給料のベースアップや、仕事が評価されたなど、うれしい意見が寄せられました。ただ、3位の「例年より少ない」では、会社の業績が落ち込んだなど、不景気を感じさせる意見もチラホラ。

アンケート結果を見ると、横ばい〜やや微増という印象。あなたは、例年と比べてどうでしたか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数206件(22歳〜34歳の働く女性)