35mm四方の超ミニサイズ

写真拡大

米国などで人気の超小型アクションカメラPolaroid「CUBE」(ポラロイド キューブ)が日本上陸を果たした。コンピューターや周辺機器などの開発、販売を手がけるクロスリンクマーケティング(東京都千代田区)は2014年12月17日、ECサイトなどで発売した。

超ミニサイズ、片手で動きながら撮影OK

35mm四方サイズのコンパクトデザイン。124度の広角レンズを採用しており、従来のカメラや携帯カメラでは撮れない映像を撮影できる。記録画素数は、静止画が6MP、動画撮影が1080p(HD)。バッテリー(USB充電) は小型ながら約90分間の動画撮影が可能。

防水、防滴、ラバー外装で衝撃にも強く、屋外でも安心して撮影が可能。また本体に磁石を内蔵しており、手持ちで使用するだけでなく金属面にくっつけて使用できる。

本体の色はブラック、レッド、スカイブルーの3色。デザインは、米ビーツのヘッドフォンやイタリアの高級車フェラーリなどを手掛けた米Ammunition(アミュニション)が担当している。

価格は1万6178円(税込)。

AmazonやPolaroid公式Yahooショップで購入できる。