NASA、打ち上げの瞬間を世界のブロガーに解放。取材できる7つの条件

写真拡大

現場の空気を伝える力は、権威的なメディアからブロガーにシフトしている? NASAは、2015年1月に予定している衛星の発射現場の舞台裏への取材を、ソーシャルメディアでアクティヴなユーザーに対して許可する。国内外を問わず選ばれた70人は、打ち上げオペレーションの舞台裏を訪れることができる。

「NASA、打ち上げの瞬間を世界のブロガーに解放。取材できる7つの条件」の写真・リンク付きの記事はこちら

NASAのミッションの舞台裏は、「信用あるジャーナリスト」でなくては語れないのだろうか? いや、そんなことはない。

NASAは、SNSユーザーを対象に、宇宙衛星SMAP(Soil Moisture Active Passive)の打ち上げ取材に名乗りを上げる機会を提供している(2014年12月17日翻訳時点)。

SMAPは、地球上の水を「地表の水分」というあまり認識されていないかたちで追跡する衛星だ。打ち上げは2015年1月29日に、カリフォルニア州ロンポックのヴァンデンバーグ空軍基地のSpace Launch Comlex 2で予定されている。


TAG

BloggerNASASNSWIRED IT

参加の申込み(フォームへのアクセスはここ)は、アメリカ合衆国の市民以外にも開かれている。

選ばれた70人は、1月28、29日の打ち上げを、それも舞台裏で取材することになる。SNSで共有される情報が、従来のメディアの情報と同じものになるのだ。ヴァンデンバーグ空軍基地のツアー、NASAのソーシャルメディア・チームとの会談、SMAPの科学・技術チームの直接のレポートへのアクセス、さらにその他のことが予定されている。

ちなみに、募集するための条件として、SNSについて以下の7つが挙げられているので、ご参考までに。

複数のSNSプラットフォームやツールを活用し、ユニークなオーディエンスに情報を発信していることマルチメディア要素をもった新しいコンテンツを常に生み出していることデジタルプラットフォームを使っている多くのユーザーにリーチするポテンシャルをもっていること伝統的なニュースメディアやNASAとは異なる層の、ユニークなオーディエンスにリーチできることソーシャルメディアプラットフォーム上でしっかり投稿履歴があること広く認知された過去のポストがあること中傷やスパム、成人向けその他、不適切な活動などの題材を扱っていないこと

しかし──この世の中には、常に「しかし」があるものだ──移動、食事、宿泊の費用は申請者もちだ。

Source: La NASA apre ai blogger: se hai tanti follower, potrai accreditarti al prossimo lancio|WIRED IT

TAG

BloggerNASASNSWIRED IT