kddivi_01

写真拡大

格安でスマートフォンを持てることで、主に通信費が気になる人から注目を集めているMVNO(仮想移動体通信事業者)に、KDDIグループが本格的に参入。新会社KDDIバリューイネイブラーは、auの4G LTEに対応したMVNOサービス『UQ mobile』を2014年12月18日からサービス開始します。受信最大速度150Mbpsという月額980円(端末代金別)の『データ高速プラン』と、送受信300kbpsでデータ容量無制限、月額1980円(端末代金別)の『データ無制限プラン』が用意されており、音声通話プランも利用できます。公式オンラインショップのほか大手家電量販店でも販売され、一部店舗では即日開通や番号ポータビリティでの受付も可能です。

kddivi_02

2014年12月11日の発表会には、KDDIバリューイネイブラーの菱岡弘社長が新サービスを説明。「MVNO事業のほとんどがNTTドコモのネットワークを利用している。健全な市場競争を維持する必要性がある」と参入の意図を述べ、auの4G LTEを利用した“信頼のネットワーク”と“おトクな料金”、さらに“選べる端末・サービス・サポート”の3点の特徴があると強調しています。パートナーの量販店で知名度のあるUQコミュニケーションズのブランドを生かしていきたいとしていますが、『UQ WiMAX』など他のサービスとの連携は「現在のところ考えていない」(菱岡社長)とのこと。

kddivi_03

月額980円という料金を実現した『データ高速プラン』は、2GBまでは受信最大速度150Mbpsで利用可能。『データ無制限プラン』ともども、700円プラスで音声通話プランを付けることもでき、通話料は20円/30秒。留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退サービスを提供する『電話基本パック』(月額380円)や、「uqmobile.jp」ドメインのメールサービス(月額200円)、端末補償サービス(月額200円)といったオプションも用意されています。

kddivi_04

モバイルサービスの販売は、公式オンラインショップのほかパートナーの大手家電量販店各社でも展開。「パートナーブランドの販売を重視していく」(菱岡社長)とも述べており、各ショップのロゴが前面に出たサービスとなりそう。一方、サポートは各ショップを窓口にしたものも含めてKDDIバリューイネーブラー側が担当するとのこと。

kddivi_06

“選べる端末”として開始当初からラインナップされているのは2モデル。京セラ製の『KC-01』は4.5インチというコンパクトサイズで、防水・防じん対応。ディスプレイ面がスピーカーになるスマートソニックレシーバーを搭載しているのが特徴です。『端末購入アシスト』を利用すると、1240円×24か月で持つことができます。

kddivi_05

LG製の『LG G3 Beat』は約5インチのHDディスプレイで、高速撮影が可能なレーザーオートフォーカスや手の動きで自撮りができるジェスチャーショットなどカメラ機能が充実したモデルです。『端末購入アシスト』利用の場合、1450円×24か月となっています。

なお、SIMカードのみの販売も行うとのこと。SIMフリー端末が手元にあって、au回線を使いたいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

kddivi_07

目標は「3年後に契約数100万件」(菱岡社長)という『UQ mobile』。KDDIグループが本格的に展開するMVNOサービスとしても注目です。

UQ mobile
http://www.uqmobile.jp/