■中国への赴任が決まったときに退職を決断

「新卒者を採用する際に学生の学歴は関係ない、というのはタテマエだと思いますね。当社では学歴だけで判断し、採用を決めることはありえませんが、新卒の場合は判断する材料が少ないから、当然、学歴はみます。

その際、ポテンシャル(潜在的な可能性)を考えますね。この大学や専門学校だと、入社後、このくらいの実績を残してくれるのかな、と。ホンネでは、ほとんどの会社が新卒の採用時にこのようにみているはずですよ」

株式会社ケーエムケーワールド代表取締役の車陸昭氏(44歳)が、新卒の採用と学歴の関わりについて話す。

ケーエムケーワールドは2001年に創業し、現在、正社員は約70人。主にシステムインテグレーションやスマホのアプリケーション開発などをする。グループ会社に、メディカルソリューション事業をするプロ・フィールド(正社員数13人)があり、その代表も務める。創業直後から中国に進出し、上海に子会社も持つ。

車氏は1995年3月、法政大学法学部を卒業し、4月に音響機器メーカー・ケンウッド(現JVCケンウッド)に入社した。

就職活動をしていた頃は、バブル経済が崩壊し、数年が経った時期だ。不況により、多くの企業が採用者数を大幅に減らしていた。周囲の学生が苦戦をする中、早いうちに内定を得た。「100点満点の結果で、理想の会社だった」と振り返る。

「国際貿易や海外勤務などをしたかったのです。それができる会社だと思いました」

配属は、海外営業の部署だった。同期生は150人ほどで、同じ部署に配属された数人は東京外国語大学や慶應大学などを卒業し、語学に堪能な社員だったという。

「同期生は、入学難易度の高い大学を卒業した人が比較的、多かったように思います。人事部などは、学歴をある程度、考慮し、採用していたのではないでしょうか。新卒の場合は、キャリアや実績がまだないのですから、学歴を判断材料の1つにすることはやむを得ないことだと思います」

仕事や人間関係には恵まれていたという。上司からの人事評価は同世代の中で高く、等級(処遇)は早いうちに上がった。4年目を終えた1999年、海外勤務を打診された。行き先は、中国。

念願が叶った。だが、辞めることを上司に申し出た。悩み抜いた末の決断だった。課長や部長は、驚いた。車氏はそのときを思い起こし、説明する。

「部長は、怒っていましたね。『お前が中国で仕事をしたいと言うから、俺が人事部などと交渉したのに。この時期に辞めるなんて……』と。私は、『申し訳ありません』と繰り返すのみ。ひたすら、お詫びでした」

■「IT業界で何かがしたい」と無謀な独立

車氏は、会社を創業することを考えていた。大学に入学する前から、心に秘めていたことだった。

「これで海外に赴任すると、ケンウッドに長く残ることになり、起業のチャンスがなくなると思いました。一生、サラリーマンをしていくことに葛藤があったのです」

話し合いの末、上司たちは承諾してくれた。最後は、部長らのはからいで、部員20人ほどが参加する送別会が開かれた。

「心の温かい人たちでした。私にとって、ケンウッドはすばらしい会社。このときは、26歳。結婚する前で、子どもがまだいなかったので、大胆なことができたのかもしれませんね」

実は、起業をするうえでの具体的な計画はなかった。当時は、ITバブルといわれた頃。「IT業界で何かがしたい」と漠然と思っていただけだった。

まず、個人事業主として、ある会社に常駐し、システム開発に携わった。パソコンを使うことには慣れていたが、経験はゼロ。

「本を買って、すごく勉強しました。めちゃくちゃに苦労しました。いい経験をしましたね(苦笑)」

ほぼ毎晩、終電間際まで仕事をしたようだ。疲れがたまり、熱が40度近くになることがあったが、出社していた。その頃、同じプロジェクトで知り合った2人の男性と一緒にケーエムケーワールドを興した。車氏から声をかけたのだという。

「2人とも結婚し、子どもがいました。彼らは、話によくのってくれましたね。実は、私には勝算はなかったですから……(苦笑)」

それぞれが数百万円ずつ出資し、資本金などを集めたが、1000万円には足りない。さしたる運転資金もない。車氏は、知人などからお金を借りた。自宅マンションを事務所としてスタートしたのが、2001年。

始めの数年間は、システム開発の仕事を請け負うと、中国の子会社で対応するようにした。そこには、優秀なプログラマーの中国人がいた。中国への進出は、人件費などのコストが安いことを考慮し、早くから考えていたという。

■学歴は仕事の実績として顕在化する

創業数年後から、大卒や専門学校卒などの新卒を採用するようにした。採用力を強化するために、様々な試みをした。その1つが、オフィスを高層の聖路加タワー(中央区)に構えたことだった。

「10数年、採用に関わり、試行錯誤を経て、みえるものがある」と切り出す。

「高学歴な人が入社後、期待通りの働きをするとは限りません。残念な結果になることもあります。それでも、面接をした結果、同じ点数の学生が数人いて1人を選ぶならば、少々の難があっても、最も高学歴な人を選ぶでしょうね。ポテンシャルが高く、伸びしろがあると思えるからです」

このようなことも付け加える。難易度の高い大学は、中学校や高校のときに勉強をしてきた人が多い。その姿勢や意欲は、新卒時の試験では評価されるべきものであり、入社後も、仕事やその知識などを吸収しようとする姿勢がいい。キャリアを積んでいくと、これらの姿勢や意欲が、仕事の実績として顕在化する可能性があるのだという。

そして、このように念を押す。

「3〜5年後にどのくらいに伸びているかが、ポテンシャルを考えるうえで1つの目安。入学難易度の高い大学出身者には、3〜5年後にある程度、力を発揮している人が比較的多いのです。ただし、そのような大学を卒業したとしても、ダメな人はダメ。そのあたりは、採用試験で念入りにみるようにしています」

車氏が採用担当者と話すとき、入学難易度の高い大学として話題にするのが、次の大学だという。東大をはじめとした旧帝国大、私立では早稲田、慶應、上智、学習院、明治、立教、青山学院、中央、法政など。

「当社では、これら以外の大学や専門学校出身者がたくさんいます。みんながよくがんばっているし、優秀です。相当に高い実績を残している人も多くいます。配属や人事評価、昇格などで学歴を重視することはありえませんね。新卒の採用時には判断する材料が少ないから、学歴をみているだけのことです。

中途採用の場合は、社会人になってからのキャリアと実績を重視します。仕事への取り組みや姿勢、考え方、人格などがすでに出来上がっていますから、学歴うんぬんで採用を決めるべきではないと思います。それにしても、新卒を採用する際にエントリーする人の学歴は関係ない、というのはタテマエだと思いますね」

(ジャーナリスト 吉田典史=文)