Skype通話でリアルタイム通訳が可能に(動画あり)

写真拡大

「Skype」向けのリアルタイム翻訳「Skype Translator」が公開された。現在はスペイン語と英語だが、今後は拡大される見込みだ。インスタントメッセージでは40カ国語以上が翻訳サポートされるという。

マイクロソフト傘下のSkype社は12月15日、インターネット電話サーヴィス「Skype」向けのリアルタイム翻訳ツール「Skype Translator」を公開し、利用希望者のための登録受け付けを開始した。

「Skype通話でリアルタイム通訳が可能に(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

音声通話によるSkype Translatorの通訳機能は、現在は英語とスペイン語にのみ対応している。このふたつは、公用中国語に次いで、世界で最も多く話されている言語だ。

Skype社はブログ投稿のなかで、「インスタントメッセージでは40カ国語以上」がサポートされ、翻訳可能になると書いている。

プロモーションヴィデオには、メキシコシティにあるピーターソン・スクールと、米国のタコマにあるスタッフォード・エレメンタリー・スクールの児童たちがSkype Translatorを使用している様子が映っている。

このデモを見れば、マイクロソフトが人々にSkype Translatorをどのようにとらえてほしいと考えているかがわかる。国境を打ち砕き、多重チャンネルによる教育を推し進める統一ツールにしたいという理想がうかがえる。


TAG

Machine LearningSkypetranslationVideoWiredUK
一方で、巨大テクノロジー企業であるマイクロソフトは、このツールを、教育用とともにビジネス用としても位置づけている。今後は、公用中国語でもサーヴィスを提供したいと考えているはずだ。

Skype Translatorのプレヴュー版は、Microsoft Researchが10年をかけて開発したものだ。Skype社は、Skype Translatorを人々に使ってみてほしいと強く勧めている。機械学習をベースにした技術という性質上、使われれば使われるほど、精度は上がるのだ。

グーグルは機械学習の分野で信頼を獲得してきたが、マイクロソフトもその分野では、グーグルに挑戦できるはずだ。同社は、「隠れマルコフモデル」による音声言語認識ツールキットの権利をすでに1999年に獲得しており、2007年には音声認識技術を開発する米国の企業、Tellme Networks社を買収している

Skype Translatorは、「Windows 8.1」で利用できる。使うには登録が必要だ。

TAG

Machine LearningSkypetranslationVideoWiredUK