「RC-10ZWH」はフラットパネル採用

写真拡大

東芝ホームテクノ(新潟県加茂市)は、昔ながらの羽釜にならった内釜採用のIHジャー炊飯器2機種「RC-10ZWH」「RC-10ZPH」を、2015年1月中旬に発売する。

米本来の味を引き出す炊き上がり

60年にわたり追求してきた「かまど炊きの味」の集大成とし、昔ながらの羽釜の形にならった「備長焼かまど本羽釜」を採用した。釜の上部に空間を設け、沸騰初期の加熱量を従来品と比較して約28%向上させた連続沸騰を実現。米本来のおいしさを引き出し、粘りと硬さのバランスを保ちつつ、甘み成分を約10%増したご飯が炊けるという。

米をしっかりひたして大火力で炊く「かまど名人」コースを用意。「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ややもちもち」「もちもち」の4コースから、米の特性やユーザーの好みに応じて炊き上がりを選べる。

2機種共通の仕様は、最大炊飯容量が1.0L、消費電力は1420W。真空圧力IH方式採用で、気圧コントロールは0.6から1.2気圧。

「RC-10ZWH」は内釜の厚さが7mm。操作パネルにはフラットな静電タッチパネルを採用し、拭き掃除などお手入れが楽。カラーはグランホワイト。「RC-10ZPH」は内釜の厚さが5mm。タッチパネルは採用していない。カラーはグランレッド、グランブラウンの2色から選べる。

価格はオープン。