LINE_Block_01

写真拡大 (全4枚)

【LINE】ラインで「ブロックされているかどうか」を調べる方法

LINEで連絡をしている相手にメッセージを送っているのに、最近は既読にもならないし返信が来ないので、何かあったのではないかちょっと心配…なんてことがあるでしょう。

ブロックされているかどうかを完全に確認できる決定的な方法は無いのですが、ブロックされているかどうかをいくつかの方法を組み合わせることで推測することができます。

こちらの記事もあわせて参考にしてください↓

【LINE】急増しているLINE乗っ取り。対応しておきたいセキュリティ設定4つ

 

■ブロックされているかどうかを調べてみよう・スタンプのプレゼントをしてみる

「スタンプショップ」で「プレゼントをする」を選択します。ブロックされていると思われる相手を選択してプレゼントをしてみます。もしブロックされていると「既にスタンプを持っているためプレゼントできません」と表示されます。

無料のスタンプの場合、ブロックされていない場合は、プレゼントが送信されます。有料のスタンプの場合、スタンプ購入の確認画面になります。

ただし、本当にスタンプを持っているかもしれないので、こんなスタンプは持っていないはず、と思われるスタンプをいくつか選んで試してみましょう。全て送信できなかった場合は、ブロックされている可能性が高そうです。

・相手のタイムラインで推測してみる

ブロックされているかどうかを確認したい相手のタイムライン(ホーム)の中身が、以前は見えていたのに、見ようとしてもアカウントの画面だけになってしまう場合は、ブロックされている可能性が高そうです。これも相手がタイムラインの内容を全て削除した場合と見分けがつきません。

実際に試してみたのがこちらです。

※ブロックする前は、友達>ホーム でタイムラインに投稿した内容が見えています。(左)

※ブロックする前は、友達>ホーム でタイムラインに「まだ投稿がありません」となってしまいます。(右)

 

 

・グループトークと他の反応で推測する

もしブロックされる前にお互いがグループに参加していた場合、相手が自分をブロックしていてもこんな動作になります。

ー分がグループトークに投稿すれば相手にもメッセージが届き既読になります。

∩蠎蠅グループ内へ投稿した場合、自分も読むことができます。

つまり…

.哀襦璽廛函璽で既読になるのに

通常のメッセージが既読にならかったりスタンプを送れない場合

ブロックされている可能性がかなり高いと推測できそうです。

 

ブロックされていることはいくつかの方法で「ブロックされているらしい…」と推測はできます。ただ、相手の偶然の操作やタイミングによってブロックに見えてしまう可能性もあるので、あくまでも目安として利用してみてください。

こちらの記事もあわせて参考にしてください↓

【LINE】急増しているLINE乗っ取り。対応しておきたいセキュリティ設定4つ