攻守両面における負担は増したものの、3-5-2のウイングバックにも適応。内田は充実のシーズンを送っている。 (C) Getty Images

写真拡大 (全7枚)

 1月9日に開幕するアジアカップに臨む日本代表メンバー23人が、12月15日に発表された。
 
 清武弘嗣(ハノーファー)がアギーレ体制で初めて招集されたとはいえ、顔ぶれは11月シリーズから大きな変更はなく、ブラジル・ワールドカップの主力メンバーが主体の選考となった。
 
 年末からはいよいよ代表合宿が始まるが、2014年シーズンを総括して現状をチェックした国内組12人に続いて、欧州でプレーする国外組11人の14-15シーズン前半戦を振り返りながら近況をお届けしよう。
 
国内組の2014年総括&近況レポートはこちら!
 

 
GK
川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
今季成績(ジュピラー・リーグ):11試合・26失点
 
 10試合ぶりとなる先発出場を果たした12月3日のベルギー・カップ7回戦で、ロケレン相手に4失点。8日後のヨーロッパリーグでも正GK返り咲きのチャンスを得たが、フェイエノールトに3ゴールを献上した。
 
 もっとも、ラインコントロールのミスやエリア内での拙いマーキングなど、スタンダールのDF陣が脆さを露呈した場面が少なくなく、川島が失点に直結するような大失態を演じたわけではない。結果は不本意かもしれないが、試合勘を養う意味で小さくない収穫が得られたはずだ。
 
 失点をめぐってチームメイトと口論を繰り広げたのは9節のリールセ戦。その後、テュラムにレギュラーの座を奪われ12節からベンチ生活と、今シーズンはここまで試練の連続だ。
 
DF
長友祐都(インテル)
今季成績(セリエA):7試合・0得点
 
 マッザーリ監督の下、3-5-2の右ウイングバックとして開幕を迎えたが、筋肉系の故障で10月を丸々棒に振り、その後も風邪や小さな故障で欠場するなど、コンスタントな出場機会を重ねることができない不本意なシーズンを送っている。
 
 その間にチームも深刻な不振に陥り、11月半ばにはマッザーリからマンチーニに監督が交代。システムも4バックに切り替わり、長友は右SBとして起用されるようになった。
 
 とはいえ、新監督からの評価はまだ固まっているとはいえず、これまで同様に不動のレギュラーとしての地位を確立できるかどうかは、まだこれからの課題。
 
 クラブの事情だけを考えれば、ここで1か月近くチームを離れるのはマイナスだが、アジアカップで質の高いパフォーマンスを見せて、マンチーニ監督を説得したい。
 
DF
内田篤人(シャルケ)
今季成績(ブンデスリーガ):11試合・0得点
 
 シャルケの基本システム変更(4-2-3-1から3-5-2)に伴い、12節以降のブンデスリーガ4試合は右ウイングバックとして出場。タッチライン際で縦関係を築くウインガーが不在のため、攻守両面における負担は増したものの、ここまでは高い適応力を発揮して、ディ・マッテオ監督の信頼に応えている。
 
 ハイライトは15節のケルン戦で決めたアシスト。85分、敵陣深くまで攻め上がってからの絶妙な右足クロスで、1点差に詰め寄るゴールをお膳立てした。
 
 前半戦の出来を総括すれば、調子の波の少なさや攻守に渡る貢献度の高さはチームのトップクラスで、右膝の怪我で1〜4節を欠場したツケを帳消しにした印象だ。
 
DF
吉田麻也(サウサンプトン)
今季成績(プレミアリーグ):7試合・0得点
 
 ベルギー代表のアルデルワイレルドの加入に自身の怪我が重なり、サブに降格。9月下旬からずっとベンチ生活が続いた。
 
 怪我をしたシュネデルランに代わって約2か月半ぶりのピッチに立ったのが、13節マンチェスター・C戦。後半開始からプレーすると、続くアーセナル戦も同じく故障者に代わって途中出場。さらにこの試合ではアルデルワイレルドも負傷退場し、次節のマンチェスター・U戦では5節スウォンジー戦以来の先発出場を果たした。結果的に、チームにとって前半戦最大の山場だった強豪との3連戦のすべてでプレーした。
 
 3連戦は3連敗に終わったものの、吉田自身のパフォーマンスは安定していた。本人は「アピールしようとして空回りした昨シーズンの経験を生かすことができたのかな」とやや自虐的に振り返ったが、アグエロやA・サンチェス、ルーニー、ファン・ペルシといったワールドクラスのFWに食らいつき、ほぼ互角に渡り合った。
 
 レギュラー返り咲きを考えれば、足掛かりをつかんだこのタイミングでチームを離れるのは本人にとっては痛いかもしれないが、日本代表にとっては心強いはずだ。
 
DF
酒井高徳(シュツットガルト)
今季成績(ブンデスリーガ):11試合・0得点
 
 15節のマインツ戦で、13節から指揮を執るステフェンス新監督の下では初となる先発フル出場を果たした。
 
 タッチライン際でマッチアップしたハイロに加え、中央からサイドに流れてきた岡崎の対応にも奔走しつつ、アグレッシブに敵陣まで攻め上がる得意のオーバーラップを何度か敢行。4試合ぶりのスタメンとなったが、自慢のスタミナに翳りは見られなかった。
 
 周囲のサポート不足も大きかったが、守備で後手に回る場面が少なくなく、一時はレギュラー落ちを経験するなど、決して満足できる前半戦を過ごしたわけではない。
MF
長谷部 誠(フランクフルト)
今季成績(ブンデスリーガ):15試合・0得点
 
 開幕からの全15試合に先発出場しているとおり、フランクフルトの中盤に欠かせない存在となっている。
 
 4-1-3-2システムのアンカーを担った直近4試合で冴えていたのは、持ち前のパスワークはもちろん、絶妙なポジショニングや鋭い出足が光るディフェンスだ。
 
 必ずしも前評判が高くなかったチームが15節を終えた時点で、4位に3ポイント差と好位置につけているのは、1年目ながら瞬く間にチームにフィットして、攻守を支える存在となった長谷部の活躍に拠るところが小さくない。
 
MF
香川真司(ドルトムント)
今季成績(ブンデスリーガ):11試合・1得点
 
 リーグ戦では2試合連続でまったく出番がなく、フル出場に至っては10月18日のケルン戦を最後に一度もない。
 
 痛かったのは先発に名を連ねたチャンピオンズ・リーグのグループステージ6節、アンデルレヒト戦での不出来。後半にやや持ち直したとはいえ、敵のカウンターに繋がるボールロストが目立つなど、プレーの端々から試行錯誤している様子が見て取れた。
 
 もっとも、国内リーグで低迷しているドルトムントの中で、本来の実力を示せていない主力や不振に喘いでいる選手は香川だけではない。期待値が大きい分、失望も決して小さくない前半戦となった。
 
MF
清武弘嗣(ハノーファー)
今季成績(ブンデスリーガ):15試合・3得点
 
 初招集したアギーレ監督が「複数のポジションをこなせる」と語ったとおり、ハノーファーでは2列目のあらゆるポジションでプレー。新天地への適応に時間を要した影響もあり、序盤戦はなかなか違いを作り出せなかったものの、ドルトムントを敵地で破る殊勲のFKを決めた9節あたりから、前線での存在感を高めている。
 
 ただし、2列目の左サイドに固定されている直近4試合は守備の負担増もあってか、本職であるトップ下での起用時ほどの躍動感はない。得意のプレースキックなどで敵守備陣に脅威を与えているのは確かだが……。
FW
岡崎慎司(マインツ)
今季成績(ブンデスリーガ):14試合・8得点
 
 11月29日のシャルケ戦(ブンデスリーガ13節)と12月7日のハンブルク戦(同14節)でそれぞれ1ゴール。7戦連続未勝利と下降線を描いているチームとは裏腹に、岡崎自身はブンデスリーガの得点ランクで2位タイにつける8ゴールと波に乗っている。
 
 絶対的な得点源として君臨する一方で、サイドに流れてのチャンスメークや、守備時のハードワークにも奔走。攻撃の引き出しが少ないマインツにとって、限られたチャンスを高確率でモノにするだけでなく、前線でしっかりと起点になれる岡崎は、文字通り代えの利かない存在となっている。ほぼ満点に近い前半戦だった。
 
FW
本田圭祐(ミラン)
今季成績(セリエA):15試合・6得点
 
 今シーズンのセリエA15試合すべてに出場(12節ミラノ・ダービーを除く14試合がスタメン)、6得点・3アシストという数字を残している。
 
 10月19日の7節ヴェローナ戦以来、2か月近くゴールから遠ざかっているものの、4-3-3の右ウイングとして、敵2ライン(DFとMF)間に入り込んで仕掛けやアシストを狙うトップ下的なプレースタイルだけでなく、最終ラインの裏に走り込んだり、逆サイドからのクロスに合わせてファーサイドに飛び込んだりといった、FW的なオフ・ザ・ボールの動きもレパートリーに加え、よりゴールに直結するプレースタイルを磨きつつある。代表ではそれが開花することを期待したい。
 
FW
乾 貴士(フランクフルト)
今季成績(ブンデスリーガ):13試合・1得点
 
 2ゴールと躍動した11月のホンジュラス戦を境に、フランクフルトでの評価も上昇。ドイツ帰国後の最初のゲーム(12節のボルシアMG戦)でスタメンに名を連ねると、13年3月以来となる待望のゴールを奪い、14節のブレーメン戦では2アシストをマークした。
 
 トップ下に2列目両サイドと、ポジションが流動的だった序盤戦も身体のキレ自体は悪くなかったが、調子は明らかに尻上がり。アギーレジャパンでレギュラーを張ってもなんら不思議はない。
 
文:遠藤孝輔・松澤浩三・片野道郎