「つながり」は、どう「ハック」されたのか? CREATIVE HACK AWARD 2014授賞式レポート

写真拡大

例えば、広告のアワードやグラフィックデザインのアワード、アニメーションのアワードといった「ターゲットや出先が明確な賞」ではなく、既存の枠組みに収まらない、しかしこれからの時代において非常に重要な「新しいクリエイティヴ」をすくい上げたいという思いを込め、2013年に立ち上がったCREATIVE HACK AWARD。今年はいかなる表現やアイデアで、既存の枠組みが「ハック」されたのか。受賞作品を振り返る。

「「つながり」は、どう「ハック」されたのか? CREATIVE HACK AWARD 2014授賞式レポート」の写真・リンク付きの記事はこちら

既成概念を壊す野心と、ビジネスマインドをもつクリエイターを育てるべく、2013年からWIRED主催によってスタートした「CREATIVE HACK AWARD」。応募総数364点の中から選ばれた約30人の最終審査通過者を招き、11月26日、東京アメリカンクラブにて授賞式が催された。

授賞式の前には、4分間のピッチセッションを実施。水口哲也(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授)、齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役)、笠島久嗣(イアリンジャパン取締役)、クラウディア クリストヴァン(AKQA Tokyoグループクリエイティヴディレクター)、佐々木康晴(電通 CDC専任局長/エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)、宇田英男(スタジオコロリド代表取締役)といったアワードの審査員たち、さらにはメディア関連企業を中心とした30数社を前に、自らのクリエイティヴ作品のプレゼンテーションやビジネス展開のアイデアを語ることで、ビジネスマッチングの役割を果たすこととなった。

そして、いよいよ受賞者の発表。以下、当日発表された順にならい、受賞者作品の紹介と、審査員のコメントを紹介していく。

ベストアイデア賞
3Dプロダクト賞
ムーヴィー賞
グラフィック賞
パブリック賞
ベストプレゼンテーション賞
準グランプリ
グランプリ
総評

最終審査通過者たちのピッチセッションを見入る審査員たち。審査員は今年もおそろいのボウリングシャツを着て登場した。


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom

ベストアイデア賞:
「『能』がつなぐJapan culture!」春日智

審査員からのコメント:
クラウディア クリストヴァン
(AKQA Tokyoグループクリエイティヴディレクター)

能という、650年以上も継承されてきた非常にトラディショナルなアートフォームをオープンにハッキングしていくことで、失われてしまいかねない「叡智」を、リアリティをもたせながら現代に引き継ぐ、という視点が素晴らしいと思いました。

言葉、音、光という3つの要素にテクノロジーを用いることで、能が本来もつ洗練された様式美を壊すことなく、わたしでもわかりやすく、楽しめるようなカタチで改変できるのではないかと、確かに思いました。

ご自身の出身地でもある佐渡の能にフォーカスしているところからも、単なる思いつきではなく、ライフワークとして取り組んでいこうという真剣さが伝わってきました。ぜひこのアイデアが実現できるよう、頑張って欲しいと思います。

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
3Dプロダクト部門賞
「VOICE 〜刻まれた気持ち〜」犬塚崇文

審査員からのコメント:
佐々木康晴
(電通 CDC専任局長/エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)

デジタルの普及によって、いろいろなものがカタチを失っていると思います。そのひとつが音で、昔はレコードやカセットテープがあったわけですが、今後はますます、データとして流通していくことになるでしょう。

そういうときに、データを再結晶してアクセサリーにするという犬塚さんのアイデアは、とてもエモーショナルだなと感じました。できれば、再生機能というか、アクセサリーから音が再生できるともっといいと思いますので、今後もチャレンジを続けていただければと思います。

あと、奥さまがイラストレーターをしていらっしゃるとのことなので、副賞でいただけるワコムのペンタブレットを、きっと喜んでくれることでしょうね(笑)!

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
ムーヴィー部門賞:
「NINCHRO FIGHT with HUMAN BEATBOX」 清水誠一郎

審査員からのコメント:
笠島久嗣
(イアリンジャパン取締役)

この作品は、非常に日本的で、ユニークな表現が満載です。審査の過程で水口哲也さんも仰っていましたが、ゲーム、ムーヴィー、音楽、ライヴといったものを包括的にハックしており、そのディレクションセンスが、非常に素晴らしいと思いました。

何でもこの作品は、前回のCREATIVE HACK AWARDをきっかけにスタートしたとのこと(前回のテーマは『日本』)。提出を1年見送ったら、むしろ今年の『コネクト』というテーマの方が合致していたという、CREATIVE HACK AWARDとの「つながり」がとても強い作品ということを後から知り、アワードにかかわっている身としては、とても嬉しく思いました。ぜひこの作品を、ライヴで見てみたいと思います!

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
グラフィック部門賞
「剣舞」 梅本結衣

審査員からのコメント:
宇田英男(スタジオコロリド代表取締役)

学校の授業で習った技術を使って、「みんなを驚かせよう」と作品づくりに向かった姿勢が、まず素敵だと思います。個人的には、Windowsのペイント機能でここまで勢いがある作品ができあがったことに驚きました。

日本におけるアニメーション制作というのは、通常、1秒間に24コマの絵を1枚1枚手描きすることで進んで行きます。これは、すべてのクリエイティヴ作業に通じると思うのですが、膨大な時間と手間がかかる作業をひとりでやり切ったということが、なによりも素晴らしいと思います。

「新しいペンタブレットが欲しいけれど、お金がなくて買えない」と仰っていたので、副賞でCintiqが手に入ってよかったですね。イラストでもアニメーションでもかまわないので、ぜひ描き続けていただければと思います。

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
パブリック賞
「Underneath」国府田日夏

審査員からのコメント:
岸田茂晴(ワコム タブレット営業本部マーケティング部ジェネラルマネージャ)

今回みなさんは、『コネクト』というテーマを、いろいろなカタチで咀嚼し、表現やアイデアに落とし込んで下さったわけですが、国府田さんは、「カラダの中にもいろいろな『つながり』があるということで、血管や神経や筋肉、あるいは細胞といった体内組織のつながりを、美しいヴィジュアルで表現してくださいました。

見れば見るほど、違った印象が次から次に起こってくる作品だと思います。実は国府田さんは、以前ワコムが開催していたコンテストの受賞者でもあります。こうして、順調に活躍してくださっていて、とても光栄に思います。

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
ベストプレゼンテーション賞
「INTERNET SHRINE」土屋泰洋

審査員からのコメント:
若林恵(『WIRED』日本版編集長)

「ものづくりのいちばん最初は、考えたり妄想したりすることだと思うので、それをいつまでも忘れずにこれからも頑張りたい」と、土屋さんは仰っていましたが、彼のプレゼンテーションからは、たとえ高度な技術や圧倒的なセンスがなくても、アイデアとしゃべりで素敵なものの「種」を生み出せたり、仲間と新しいものをつくったりしていけるんだという、クリエイティヴの原点を感じることができました。

実はこの「ベストプレゼンテーション賞」は、本来存在しなかった賞なんです。受賞作品は、映像や画像や資料を基に、最終審査会の場で審査員のみなさんが膝を突き合わせて決めているのですが、やはり作品をつくったご本人たちのプレゼンテーションを聞くと、理解がより深まったり、「そういうことだったのか!」という気付きがあるものだなと感じました。それは、こぼれ落ちたままにするのではなく、拾い上げるべきだよね、ということで、授賞式の直前に、急遽この賞を用意したんです。

日本の場合、クリエイティヴにかかわる人がプレゼンテーションをする機会はまだまだ少ないと思います。でも、海外ではそれが当たり前なわけで、今後もWIREDでは、CREATIVE HACK AWARDを通じて、プレゼンテーションの大切さを訴えていきたいと思います。

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
準グランプリ
「わたしと私」長田淳美

審査員からのコメント:
水口哲也
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授)

これは、本と絵本をハックした作品ですよね。本を中心に世代や記憶やいろいろなものを『コネクト』して超えていくという、今回のテーマにぴったりな作品だと思いました。

非常にアナログな手触り感があるのと同時に、見た人にいろいろなインスピレーションを与えていると感じました。例えば電子書籍の先にある未来を考えると、ここから広がっていくものがあるんじゃないかと、ここにいる審査員はみんな考えていると思います。

ご本人は、「少し前から構想していた作品だけれど、なかなか適したテーマのコンペが見つからず、世に出せなかったので、CREATIVE HACK AWARDを見つけたときはとても嬉しかった」と仰っていましたが、それはまさに、既存の枠組みに収まらない、しかしこれからの時代において非常に重要な「新しいクリエイティヴ」をすくい上げていくという、このアワードの姿勢が功を奏したのではないかと思います。

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom
グランプリ
「Morphing Cube」 山岡潤一

審査員からのコメント:
齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役)

この作品は、審査員の満場一致でグランプリに決まりました。ヴァーチャルとリアルをコネクトするという点をはじめ、『コネクト』というコンセプトが多角的に入っているなと、まずは思いました。あと、メディアアートやデジタルクリエイティヴの領域というのは、音も、映像も、センサーも、プロジェクションマッピングも……と、いろいろなものをゴテゴテにつけていく傾向にあるのですが、この作品は、すごくシンプルにだけれど、あれだけ不思議なものをつくれたというのが素晴らしいなと思いました。

山岡さんご自身、「これがスタートで、ここから発展させていきたい」と仰っていますが、まさにその通りで、いろいろなことを俯瞰して見て、次のレヴェルへと進んでもらいたいなと思います。

メディアアートって、どうしてもアートとしてマネタイズできない業界で、ライゾマティクスとしても、それをどうマネタイズしていくのかということで頑張ってきたのですが、2020年という追い風が来たので、そのチャンスを、ぜひ生かしてもらいたいと思います。最後に、こういうアワードやコンペの審査のひとつの指針に、「I wish I did」という言葉があるのですが、山岡さんの作品にジェラシーを感じたというか、「ぼくもこれをやりたかった」というのが、正直な意見です。

<<最初のページに戻る


TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom

ピッチセッションと授賞式の間に設けられたランチタイムは、最終審査通過者たちが、審査員やメディア関連企業と直接コンタクトできる貴重な場となった。

総評:
水口哲也
(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科特任教授)

2年目というのは、いろいろなことがわかってきていいですね。正直言いますと、1年目はワーッとやっている間に終わってしまった感覚でしたが、今年は、「ハックするというのは、非常に面白いぞ、本当に面白いぞ」ということが見えてきた気がします。

「ハックしがいがあるもの」というのは、形骸化してしまったものとか、みんなが常識だと思っていることで、そういうものを疑って、逆に「これは面白そうだぞ」という発想をもち、「題材としてどうやってハックして、新しいものにしていくか」というエネルギーみたいなものを発している作品が、審査員は好きなんだということがだんだんわかっていました。

そういった意味では、今年はいろいろな「ハック」のアイデアがありました。絵本のハックであったり、個と社会の関係性をハックしたり、空間とか次元をハックしたり…。表現方法としてメディアアートの要素があったことも、特徴だと思います。

完成度も重要ですが、荒削りでもいいので、「こんなものをハックして、世の中を変えてみたいな」というアイデアこそを、CREATIVE HACK AWARDは大切にしています。カタチのあるものからカタチのないものまで、そういった視点をもった作品が、来年もたくさん集まることを期待しています。

<<最初のページに戻る

左から『WIRED』日本版編集長の若林恵、グランプリを受賞した山岡潤一、準グランプリを受賞した長田淳美。山岡と長田は、副賞として、ワコムの液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズのうちから好きなものを1台贈呈されるほか、マレーシアのIMAGICA SOUTH EAST ASIA とアジア最大級の映像制作スタジオを巡る、「CREATIVE HACK TOUR」への招待権を得た。

CREATIVE HACK AWARD 2014

TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardHackMedia ArtWacom