2014年12月16日、中国商務部が、2014年1月―11月のアウトソーシング業務状況を発表した。

 報告によると、2014年1月―11月のサービスアウトソーシング契約額は、2013年同期と比較して10.5%増加し、918億4000万ドルとなった。
 1月―11月のアウトソーシング執行額は、前年同期比29.2%増の689億5000万ドル。

 契約額内訳はITアウトソーシング(ITO)が246億8000万ドル。ナレッジプロセスアウトソーシング(KPO)が154億4000万ドル。ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)が65億3000万ドルとなる。

(China Press 2014:IT)