“凱旋門賞”での白石麻衣と小嶋陽菜。(画像はinstagram.com/nyanchan22より)

写真拡大

乃木坂46の白石麻衣がバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』の密着取材を受けた。その中で「整形していると言われないか?」と問われた彼女は「めっちゃ言われます」と明かしながら「本当にしてないです」と否定した。彼女が語った整形をしない理由は至極普通ではあるが耳にするのは久しぶりではないか。

【この記事の動画を見る】

白石麻衣は乃木坂46で5枚目シングルまでセンターを務めた生駒里奈に続き、6枚目の『ガールズルール』でセンターに抜擢された。その頃から人気が急上昇して、今ではグループのエース的存在だ。12月15日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)にその白石麻衣が出演。番組が1か月、彼女に密着したVTRをスタジオで共演者と楽しんだ。

ゲスト出演していた本田翼は「乃木坂の中でまいまいが一番カワイイ! 大好きです」と彼女を絶賛しており、MCの今田耕司から「どういうところが好きなのか?」と聞かれて「顔!」と言い切った。雑誌のモデルとしても活躍する白石麻衣は女性ファンも多く、「奇跡に近い」とその美貌に憧れて髪型を真似る人が増えているほどだ。

そんな彼女にカメラを回して密着していた女性スタッフが「“整形していませんか?”って言われませんか」と確かめたところ、白石は「めっちゃ言われます! 私、本当にしてないんですよ!」と語気を強めて答えた。その口調と表情から「分かってくれる? 聞いて欲しい」との気持ちが伝わるようで、彼女も気になっていたらしい。

「本当にしてないんですよ!」と整形疑惑をキッパリ否定した白石麻衣。耳を触りながら「お母さんからもらった体に穴を開けるとか無理です」と考えただけでも辛いというような顔で語っている。美容整形がファッション感覚で捉えられるようになってきた昨今、このような言葉はなんだか懐かしい。

また「今年の三大ニュース」を聞かれた彼女はその1つに「トマトが食べられるようになった」を挙げた。22年間嫌いだったトマトを「リコピンが含まれているので、キレイになりたいと思って練習して食べられるようになった」ということで彼女にとっては大ニュースなのだ。

そうした努力が女性ファンも羨む美形を維持するのだろう。12月10日に発売されて大ヒットとなった写真集『清純な大人』のページをめくる彼女から「私は、逆に自分の欠点を探しちゃいます」と意外な感想が聞かれた。「この時はこうしてれば良かったな。みたいな…」と常に向上心を忘れない。写真集の撮影ではいろいろなことを考えて集中したのだろう、2日目が終わった夜に「知恵熱が出て」後悔したという。

「“自分嫌い”なので」と写真集を見ながらテンションが下がる彼女を、女性スタッフが「お美しいですよ」と励まそうとするが「本当、ブッサイクですよ」と返されていた。自分の中で美人だと認めて現状に甘んじたくない気持ちが強そうである。

アイドル番組を多く手がける毛利忍プロデューサーは、白石麻衣を“ミスパーフェクト”と表現すると「完璧なんだけど、ちょっと緩いところもある。隙がないとダメ。僕らが夢を見られないから」と彼女の魅力を分析した。「奇跡に近い」と言われるルックスと身近に感じられるキャラクターこそ白石麻衣の魅力なのだ。

※画像は『小嶋陽菜 nyanchan22 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)