教会でエロ動画を撮影、動画広告で儲けていた女性が「私は天使」と発言→司祭が大激怒

写真拡大

とかく、世の中には「なぜそんなことを?」と驚かされるような行為を行う人物が存在しているが、先頃、オーストリアで一躍「時の人」となったある女性は、まさにそうした人物の1人だ。

オーストリアのある地方の教会で司祭を務めているというベルンハルトさんは、ネットサーフィンの最中に、驚くべきものを発見する。それは自らが司祭を勤めている教会の中で、胸を露出したり、みだらな行為を行い、その光景を動画に収めて公開している1人の女性の姿であった。彼女はBabsiと名乗るポーランド出身の女性(29)であったが、この映像を観た司祭は、彼女の「神をも恐れぬ仕業」に大激怒。その被害について現地警察に訴えるなどして、彼女の行方を追っていたという。

その後、身柄を拘束されて法廷へと突き出された彼女は、「私は天使だ」などとうそぶいてみせたが、そんな彼女に下されたのは、4230ポンド(約79万円)の罰金刑。その金額は、彼女がこの動画の公開によって得られていた収益の、約半分の金額であったという。

文・遠山勤

【参照リンク】
http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/im-angel-woman-caught-making-4791894