Sony 4D Focus、それは思考より早くピントを定めるテクノロジー

写真拡大

ソニーが開発した「4Dフォーカス」システムは、被写体の動きを瞬時に計測することで、「空間」だけではなく「時間」にもピントを合わせることを可能したという。それはいったい何を可能にするテクノロジーなのだろうか。そもそも、写真にとって「ピント」とは何を意味するのだろうか? ある写真家と開発者側、2つの立場から「ピント」を考える。

「Sony 4D Focus、それは思考より早くピントを定めるテクノロジー」の写真・リンク付きの記事はこちら

大森克己KATSUMI OMORI
1963年兵庫県生まれ。写真家。1994年、第3回写真新世紀にて、ロバート・フランク賞、飯沢耕太郎賞をダブル受賞。以来、国内外での写真展や写真集を通じて作品を発表。2010年より写真新世紀審査員を務める。2013年東京都写真美術館でのグループ展「路上から世界を変えていく」に参加。2014年にはMEMでの個展「sounds and things」、PARIS PHOTO 2014への出展など精力的に活動を行っている。主な写真集に『サルサ・ガムテープ』(リトルモア)『encounter』(マッチアンドカンパニー)『サナヨラ』(愛育社)『すべては初めて起こる』(マッチアンドカンパニー)など。

「哲学的な問いかけですね」。

「あなたにとってピントとはなんですか?」という問いに対し、写真家の大森克己は、開口一番そうつぶやいた。

大森は写真を撮るとき、「写真がなかった時代に、人々がどのように世界を見ていたのか」に思いを馳せることがあるという。例えば、安土桃山時代の屏風絵や16世紀にフランドルで活動をしたブリューゲルの絵は、全部にピントが合っている、いわゆるパンフォーカスと呼ばれる状態で描かれているが、写真は、そうした「世界の見方」を根本的に変えてしまったのだと言う。そんな大森が考える「ピントの本質」とは?


ピントが合うことは、シュールレアリズムにほかならない!?

ピントってなんだろうというのは、すごく難しい問題です。写真というのはとにかく瞬間を捉えるものなのですが、人は普段、時間の流れのなかで自在にピントを移動させながら世界を見ているので、実は根本的に違うはずなんです。逆に言うと、人の目がレンズだとすると、カメラのレンズというのはその1%にも到達していない、非常に不完全な装置だと思います。

その不完全な装置をいかに操るかといった部分が、写真を撮るプロセスにおいて、大きな部分を占めているわけです。

ピントを決めるということは、「どこを見ているのか」ということと同義で、それってすごく大変なことだと思います。こんなカオスな世界のなかから、前でも後ろでも隣でもなく、ほかならぬ「そこ」を決めているわけですから。非常に大きな決断を下しているわけですよね。

あと、ピントと言った時点でスティルカメラの場合、自分が動かないという前提になっていますよね。本来、人は動き続けているし、世界も動き続けているのに……。その流動しているなかで一瞬だけ止まるというのは、実はとても特異なことなんです。写真って現実の相似形だから何となく納得してしまうのですが、本来はとってもシュールなものなんですよ。

そこは、マン・レイやアンドレ・ブルトンといった、かつてのシュールレアリストたちが気付いたところなので、いまさらぼくが「写真はシュールだ」と言っても詮無きことですが(笑)、「ピントが合う」という考え方自体が、実は非常にシュールなことなんだと思った方が、現実的だとぼくは思います。

肉眼で見た世界にピントを合わせる行為の本質とは?

人の認識って、かなりの部分が共通していると思うのですが、例えば視力のいい人と悪い人、乱視の人とそうではない人がいるわけで、彼らは、それぞれまったく違うように世界が見えているはずですよね。最近自分が歳を取って老眼になってきたから、余計に実感としてそう思うんです。「自分の肉眼で見た世界のピントも、絶対的なものではなく、流動的なんだな」と。

だからこそ人は、カメラという装置によってピントが合った写真に出合うと、ちょっとホッとした気分になるのかもしれません。

ピントということでさらに言うと、ぼくの場合、有機物を撮るときと無機物を撮るときとでピントの合わせ方が違う気がします。写真を撮るとき、被写体と距離を取る感覚が、人や植物にピントを合わせるときと、工業製品のような直線的なラインにピント合わせるときとでは、アタマのなかの違う回路を使っている気がするんです。

例えば自然のなかに行ったとき、看板とか人工物があるとやたらと撮りやすいですよね。それはおそらく、誰かが持ち込んだ別のピントがそこにあるからだと思います。ぼくたちが気軽に行けるところで、100%の大自然というのはなかなかありませんが、やっぱりそういうところだとピントを合わせづらくなる気がしますからね。

ぼくは写真を撮るとき、「レイヤーの重なりみたいなものを、丸ごと掴まえられないかな」と思うことがあります。実は、ピントのいい写真を撮ろうとは普段あまり思わなくて、自分の目の前に何かがあって、その向こうに何かがあって、そのまた向こう側に何かがあって……と、ずっと続いていくその重なりみたいなものを掴まえることを、意識しているかもしれません。

ぼくが写真を撮影するときに働いているのは、そのレイヤーの重なりを丸ごと掴まえたいという感覚であり、それは、世間一般でピントと呼んでいるものとかぶる部分もあるけれど、違うものなのかなとも思うんです。

普段、ピントということを改めて考えてみることはなかったのですが、今回よくよく振り返って考えてみると、実は『ピントがあっていない部分が何を語るか』ということを、作品をつくる際に大切にしている気がします。それはやはり、本来シュールなものである写真の輪郭のぎりぎりのところの謎を深く考えたいと、思考しているからかもしれません。

先程、「自分の肉眼で見た世界のピントは、絶対的なものではなく、流動的なものなんだ」と申し上げましたが、他人が撮った写真を見る楽しみのひとつには、「へぇ、ここにピントを合わせたんだ!」という、自分の感覚とは違う視点をもたらしてくれる点があると思います。

それで言うと、ソニーが開発した「4Dフォーカス」というテクノロジーは、今までは合わなかったはずの場面でピントを合わせてくれるものなので、これまでにない写真表現を、今後は気軽にできるようになるのではないでしょうか。

「写真を撮ろう」「シャッターを押そう」と思った瞬間から未来を予測して、ピントを合わせてくれるテクノロジーが、どんな写真を生み出していくのか…。その点にぜひ注目してみたいと思います。

次に、ソニーのオートフォーカスのプロモーションに携わり、今回の「4Dフォーカス」という名称を生み出した人物でもある烏頭尾(うとお)尚氏(ソニー デジタルイメージング事業本部 マーケティング部門)に、「オートフォーカスとソニー」というテーマで話を訊いた。大森が看過した「ピントの本質」を、ユーザーに意識させる以前にピントを合わせてしまうテクノロジーは、いかなるバックグラウンドから生まれてきたのだろうか。


進化した動体予測メカニズムは何をもたらすのか?

オートフォーカスというのは、一般的に、被写体を面(フォーカスエリア)で捉え、奥行き方向に対してフォーカスレンズを動かす(AF速度)、という3次元的な概念が基本になります。これに対して4Dフォーカスでは、被写体の次の動きを高い精度で予測し(動体予測)し、ピントを合わせる処理を加えています。

この、「面」と「奥行き」という3次元でのコンセプトに加え、「時間軸」での予測を加味したAFシステムを4Dフォーカスと定義し、広いフォーカスエリアと高速なAFスピードに加え、高い動体予測性能をバランスよく兼ね備えることこそが、これからの理想的なオートフォーカスに求められる必須要素ではないかと考えています。

動体予測をするシステムというのは、古くはフィルムカメラの時代から採用されている技術です。ただ、これまでは単に「奥行き方向へ被写体が移動するとき、動きを予測して追従する」というものだったのに対し、現時点では、「被写体が左右に動く、あるいは狙っている被写体の前に別の被写体が入ってきたときでも、そちらに引っ張られない」という、複雑で難しいシーンでもしっかりピントが合うアルゴリズムへと進化を果たしました。

このような高度な動体予測システムは、これまで一般的に、一眼レフのハイエンド機を中心に搭載されてきました。今回ソニーは、ミラーレス一眼の中級機「α6000」やエントリーラインとなる「α5100」にもこの動体予測システムを搭載し、4Dフォーカスを謳っているわけですが、そこには「高価なハイエンドカメラを買って、長年経験を積んで高い撮影テクニックを身につけて」という動体撮影に対する高いハードルを、変えて行きたいという思いが込められているんです。

実際、動いている被写体をうまく捉えることはとても難しいのですが、そのソリューションとしてわれわれは、「画面中央の狭いAFフレーム枠のなかに被写体を入れるのではなく、画面のなかに入れさえすれば、あとはカメラ側でしっかり追従する」という技術の開発を目標としました。その実現には、さまざまな社内の内製の技術が活用されています。

イメージセンサーについては、開発設計から製造までを手掛けている強みを活かし、画面のほぼ全域に高精度なAF測距点を配置しています。また、179点もの膨大なAF測距点からの情報を、高速に処理する画像処理エンジンの高いデータ処理技術、そしてそれらをスマートに処理する高精度なアルゴリズム、最終的にフォーカスレンズを正確に高精度に駆動させるリニアモーターをはじめとする高い光学設計、製造技術を総動員することではじめて、4D フォーカスとして自信をもってお届けできるオートフォーカスを実現できたと考えています。

それによって、走ってくる子どもやペットといった、身近だけれど非常に難易度の高い被写体を、初心者のお客さまでも失敗することなく撮ることができるカメラに仕上げることができたと思っています。

カメラというのは、「こうあるべきだ」という部分が厳然としてある世界ではないでしょうか。趣味としての奥行きも深く、カメラを使いこなすこと自体が、ひとつの趣味だと言えると思います。ただわれわれとしては、それが一部の愛好家の方だけに許されたものではなく、あらゆる人にカメラを通してクリエイティヴィティをもっと発揮してもらいたいと考えているんです。

「撮りたいものが思うように撮れるカメラ」を、わたしたちは提案したい。「撮りたいものがかんたんに撮れる」という当たり前のことを、誰もが実現できるようになることが、わたしたちの目指す世界なんです。スマートフォンで撮ることが当然のようになっているいま、撮る機会もイメージも、これまでと比べても限りなく広がっていると思います。そんなとき、カメラを構えた途端に難しくてモチヴェーションがスポイルされてしまうようでは、新たにカメラを持つ意味合いは消えてしまうと思うんです。「スマホでかまわない、ほどほどでかまわない」ということになってしまいますから。

カメラは、単純にスペックを高くしていくという方向性以外にも、誰でも使いやすくて、それでいて精度が高いというクリエイティヴなツールとしての方向性も極めていくべきで、そのひとつのSonyとしての回答が、4Dフォーカスというテクノロジーなんです。