ポピュラー&クラシックがそれぞれ楽しめる♪六本木ヒルズのクリスマスコンサート

写真拡大

どこからともなく聖歌隊のコーラスが聞こえてくる夜・・・そんな童話の世界のような心温まるクリスマスが、六本木で体験できる「Roppongi Hills Christmas Concert (六本木ヒルズ クリスマスコンサート) 2014」。

六本木ヒルズのオープン以来、毎年この季節に開催されてきた恒例のクリスマスコンサートは、今年も六本木ヒルズアリーナで、12月23日(火・祝)と24日(水)の2日間、街角に美しい音楽を響かせてくれるはず。

23日は、多彩なジャンルのアーティストによるポピュラーミュージックが登場。女性コーラスグループ「リトル・キャロル」は、元NHK東京放送児童合唱団のOGによって結成されたもので、メンバーは年齢も職業もさまざま。それでも美しいハーモニーは、さすが! そして、ジブリ映画の音楽を手がけていることでも有名な久石譲を父に持つ「麻衣」。映画「風の谷のナウシカ」で「ラン、ランララ、ラン」と歌っていた4歳の女の子が、澄んだ歌声の歌手になっていたなんて! ほかにも、リコーダーが中心となって身近な楽器で豊かなサウンドを重ねあう「栗コーダーカルテット」や、のびやかなボーカルが魅力の「ビューティフルハミングバード」など、それぞれ音楽性の高いアーティストによるラインナップ。

24日には、日本を代表する音楽家の本格派クラシックコンサートを開催。テノールの佐野成宏、ソプラノの鈴木玲奈、ピアノの田中健という、国内外で活躍する3名の豪華なラインナップで、こちらも至福の音楽空間になりそう♪

「けやき坂のイルミネーションやクリスマスマーケットなど、この時期の六本木ヒルズは見どころいっぱいです。どちらのコンサートも無料ですので、この機会に生の音楽の魅力をお楽しみください」と、広報担当者さん。デートやショッピングの合間に、上質な音楽を聴いて過ごす、心豊かなクリスマスは、いかが?