●あと一杯だけね

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©「SHIROBAKO」製作委員会
<キャスト>
宮森あおい、ミムジー&ロロ:木村珠莉
安原絵麻 :佳村はるか
坂木しずか:千菅春香
藤堂美沙 :睫酲稟
今井みどり:大和田仁美
高梨太郎 / タロー:吉野裕行
本田豊:西地修哉
矢野エリカ:山岡ゆり
落合達也:松岡禎丞
瀬川美里:山川琴美
遠藤亮介:松本忍
木下誠一 / 木下監督:檜山修之
山田昌志:浜田賢二
円宏則:斎藤寛仁
下柳雄一郎:間島淳司
井口祐未:沼倉愛美
内田茜:高橋李依
渡辺隼 / ナベP:松風雅也
丸川正人:高木渉
杉江茂:小柳基
稲沢良和:岩田光央
佐倉良樹:高梨謙吾
新川奈緒:日野まり
堂本知恵美、中田恵理:伊藤静
興津由佳:中原麻衣
小笠原綸子:茅野愛衣
森しのぶ:高橋李依
相馬りな:田村ゆかり
縦尾まり:横尾まり
遠藤の妻:橋本ちなみ
宮森かおり:森谷里美

●ストーリー
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・
●オープニング
漸く木下監督の最終話、脚本の舞茸しめじの助力によってラストが見えてきたようです。絵コンテも急ピッチで進行中!
●音響効果
本田豊「最終話の絵コンテ、明日の夕方には仕上がりそうです。」

もっとも他の話数が絵コンテから2ヶ月かかっているので、残り39日では時間がタイトなのは確か。とはいえ、出口が見えてきました。

宮森あおいが楽器を持参して音響効果の制作会社へやってくると、

河野幸泰「丁度良かった!脱いで!」

脱ぐのは靴。どうやら足音の録音をしたかったようです。そのまま為すがままに録音に付き合う宮森あおい。

※専業のスタッフ以外が録音に付き合うという事は実際にあるみたいです。
●先が見えてこない道
藤堂美沙「私、ストーリーのある作品に参加したいです…。」

自動車関連の3D作画の仕事しかない藤堂美沙。労働条件は良いとは言え、彼女の考えていた方向性とはかなり違う仕事。彼女自身にも先が見えてこないようです。それでも新たな道を模索しようとする彼女。

翌日、

藤堂美沙「社長!」

藤堂美沙は退職届を提出します。それによって彼女は先が見えない道ながらも、自分が目指したい道を進む覚悟を決めます。
●そして彼も新たな道を…。
最終話の絵コンテが仕上がり、

本田豊「これで心置きなく辞められそうです。」

制作デスクの本田豊。彼が目指したい道は、

丸川正人「本田くんはケーキ屋さんになるんだよ!」

※これは驚き!というほどでも無いですね。

「えくそだすっ!」最終話のアフレコも無事完了!木下監督も打ち上げに参加するも、1時間だけという制限付きですが…。

木下誠一「もう一杯!」

ずるずると1時間以上延期!最後には、

木下監督、タクシーで強制送還!

「SHIROBAKO」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ Twitter(shimizuSasha)】

【関連記事リンク】
【アニメ】「SHIROBAKO」第9話「何を伝えたかったんだと思う?」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第8話「責めてるんじゃないからね」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第7話「ネコでリテイク」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第6話「イデポン宮森 発動編」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第5話「人のせいにしているようなヤツは辞めちまえ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「SHIROBAKO」TVアニメ公式Webサイト
「SHIROBAKO」AT-X公式Webサイト