主要大会初のメンバー入り東口「チームのために貢献していきたい」

写真拡大

 日本サッカー協会は15日、来年1月にオーストラリアで行われるアジアカップにおける日本代表の登録メンバー23選手を発表した。

 ガンバ大阪からはGK東口順昭、MF今野泰幸、MF遠藤保仁の3名が選出された。

 メンバー入りを果たした東口は、クラブ公式HPで次のようにコメントしている。

「試合に出られるように練習からアピールしていきたい。たとえ試合に出られなくても、チームのためにどんなことでも貢献していきたい」

 大会連覇を狙う日本代表は、グループDに所属。1月12日にパレスチナ代表、16日にイラク代表、20日にヨルダン代表と対戦する。