オキュラス・リフトの前に、バーチャルボーイあり:20世紀のヘッドマウントディスプレイ

写真拡大

1995年に発表された任天堂「バーチャルボーイ」は、時代のあだ花だったのか!? オキュラス・リフトやプロジェクト モーフィアスが登場したいま、改めて振り返る。

「オキュラス・リフトの前に、バーチャルボーイあり:20世紀のヘッドマウントディスプレイ」の写真・リンク付きの記事はこちら

「バーチャルボーイ」は没入型の3Dゲーム宇宙を創造し、時代の最先端を行く──。ナレーションに曰く、「従来のテレビでは不可能な表現だ」。

そのコマーシャルヴィデオで用いられているのは、超クールな多面体グラフィックスのアニメーションで、バーチャルボーイ自体もクールそのものだ。映画『The Lawnmowerman』(邦題は『バーチャル・ウォーズ』。スティーヴン・キングの小説『芝刈り機の男』を原作にした、1992年アメリカ製作のSF映画)から出てきたようなゲーム機で、自身の顔にストラップで固定する!

──つまりバーチャルボーイは、「当時のOculus Rift」だった。 1995年、日本のゲームの第一人者の任天堂が発表し、従来品とはまったく異なるヴァーチャルリアリティを提供することを約束した。

(関連記事)フェイスブックが買収したOculus VR社とは?


TAG

GameHMDNintendoOculus RiftWIRED US

しかし、悲しいことに大コケに終わった。そのプレイ画面はもちろん従来のテレビでは見られなかったが、だからと言ってバーチャルボーイでよく見えるという意味ではない。

バーチャルボーイが映し出す画像は、赤と青のメガネを着用する類の、昔ながらの3D映画を思い出させる。

「プレイステーション」や「セガサターン」などのゲーム機が市場に存在し、「NINTENDO 64」の発表が迫っている当時、バーチャルボーイの白黒画像は実にレトロに見えた。FPSの草分けともいえる『DOOM』や『Heretic』のような新しいガンシューティングゲームに対抗できなかった。

2010年の雑誌『WIRED』US版では「テレビゲームにおける“ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を通して経験する3D世界”という発展の、到達すべき終着地点だと信じられていたようだ」と書かれていた。 「バーチャルボーイは、確かにその一端を担うように見えた」。

不運なる「パワーグローブ」(ファミコン用コントローラー)と「パワーパッド」(日本名「ファミリートレーナー」)が、ニンテンドーWiiが道を拓くのを助けたように、バーチャルボーイは、ニンテンドー3DSが歩むことになる道を拓く助けとなった。プレイステーションやPCなどプラットフォームをまたいで動作するHMD「AntVR」などの、新しい仮想現実ヘッドセットを構築しているさまざまな企業が、この種のものを実現するかもしれない。

もっとも、それらが実現しても『マリオテニス』をすることはないのだろうが。

3人の「パワーグローブファン」がつくったドキュメンタリー映画『The Power of Glove』はkickstarterで見事資金を集めることに成功した(2013年)。

TAG

GameHMDNintendoOculus RiftWIRED US