坂上忍

写真拡大

15日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍が衆議院議員総選挙について語った。

番組冒頭、坂上は「昨日の選挙なんかクソくらえだ!」と毒舌を披露した。そしてオープニングトーク後の月曜日コーナー「坂上忍のバッサリNEWS」では、伊藤利尋アナウンサーが、今回の選挙結果を伝える朝日新聞1面の見出し「自公大勝 3分の2維持」を掲げて坂上にコメントを求めた。

坂上は「結果としては予想通りというか『マスコミのかた、凄いなあ』という感じですけど…」と一言発した後、投票に行ったと言う一方で「なんで選挙すんの?という気持ちは拭えない」と不満を語りはじめた。

坂上は「(与党が)大勝したからといって『謙虚に、謙虚に』って言ってますけども。謙虚なんだったら、なんでこの選挙やったのかなあ?っていうね。700億、800億かけて。この時期に選挙をするっていうのは、僕は納得はできませんが、選挙(投票)には行きました!」と、声を張って主張した。

坂上のコメントを受けて伊藤アナが、戦後最低の投票率だったことを伝えると坂上は「そこが問題ですよね」と厳しい表情で返答した。

【関連記事】
「選挙ステーション2014」自民党・小泉進次郎氏のインタビュー中に音声が切れるハプニング
TOKYO MXの衆院選特番で画面に「安倍しね」のツイートが映る
公明党・山口那津男代表、池上彰氏に創価学会との関係について質問され「歴史的事実です」