写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SMBCコンシューマーファイナンスは10日、「20代の金銭感覚についての意識調査」の結果を発表した。同調査は11月14日〜18日の5日間、20歳〜29歳の男女を対象に実施。有効回答者数は1,000名。

○上司のおごり額は3,000円がベスト?

財布の中身について、「平日財布にいれている金額」を聞いたところ、「3,000円〜5,000円」(25.4%)や「5,000円〜1万円」(24.9%)が上位となり、平均額は8,808円であった。職業別にみると、学生は平均6,784円、会社員は1万391円となった。

「『友達や同僚』からおごってもらうときに抵抗を感じない金額」を聞いたところ、「500円〜1,000円」が35.0%で最多。続いて「1,000円〜2,000円」(20.9%)、 「2,000円〜3,000円」(15.0%)という結果となった。「この水準を超えると半数以上が抵抗を感じる金額(中央値)」は1,000円であった。

「『職場の上司』からおごってもらうときに抵抗を感じない金額」では、「3,000円〜5,000円」が24.9%で1位となった。「半数以上が抵抗を感じる金額(中央値)」は3,000円。 上司からのおごりの金額が3,000円を越すと、半数以上の20代が「申し訳ない」と抵抗を覚えていることになる。

○女性よりも男性が就職活動を重視

「1カ月の自由な時間(1カ月の長期休暇)はいくら相当の価値があるか」を聞いたところ、「0円」が27.6%、「10万円〜20万円」が19.9%という結果に。「100万円以上」は11.3%であった。

「仕事選び(就職活動)のやり直しにいくら払えるか」を質問したところ、「100万円以上」は10.9%、「10万円以上」は29.5%、「5万円以上」は33.8%となり、「0円」は51.3%であった。

男女別に見ると、男性は女性より多くの金額を回答する傾向にあり、「50万円以上」と回答した人の割合は、男性が17.4%、女性は9.6%であった。年代別に見ると、「50万円以上」と回答した20代後半の男性は19.4%と、他の年代よりも高くなる傾向が見られた。