部屋を見れば未来がわかる

写真拡大

ドイツのある調査によれば、オフィスのなかに机が乱雑な人間が一人いるだけで、マイナスの気が伝播し、何千万ユーロもの損出になるそうだ。2013年に行われた出雲大社の本殿遷宮や伊勢神宮の式年遷宮のニュースは、記憶に新しい。来春は京都の下鴨神社で宮遷しが予定されている。神様さえ、節目には家や身のまわりを掃除したり新調したりして霊力をリフレッシュしているのだ。ましてや人間ならばなおのこと掃除や片付けは大事!ということで、3冊をピックアップした。

J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(http://www.j-cast.com/bookwatch/)でも特集記事を公開中。

あなたの部屋は「転落ギリギリレベル」かもしれない

掃除の現場で20年以上働いて多くの家や部屋を見てきた舛田光洋さんによると、家や部屋は各人各様で、一つとして同じというのはないそうだ。その片付けぐあい、部屋の状態で未来が予測できるらしい。しかも的中率はなんと「90%以上!?」 自分の未来を知りたい方は『部屋を見れば未来がわかる』(著・舛田光洋 1404円 サンマーク出版)で、まず自分の部屋のレベルをチェックしてみよう。

(薫狼ぁ並梢佑任皀曠辰箸つろげるか)
▲レイ度(見えないところもキレイ?)
J置度(ずっと捨てようと思っているものがまだ残っているか、など)
づ一度(破壊、乱雑で統一されていたら相当困ったものだ!)
ゥ皀里販未亮まり(必要なものしか置いていない、など)

上記5項目のチェックで、「転落ギリギリ空間」「危険空間MAX」という診断になったら、大いに反省が必要だ。でもご安心、本書には、未来をプラスに変える方法も書かれている。

リアルなお部屋掃除にも、心の掃除にも、両方役立つ良書

『50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算』(著・沖幸子 700円 祥伝社)に書かれていることを、乱暴に一言で括れば、ものの片付けも心の掃除も、好きでなくていいから上手になること。あれもしなくちゃ、これも大事と自分を追い詰めるのではなく、できることをやる、どうせやるならツボを心得よ、というのが本書のコンセプトだ。そのツボがかなり具体的に紹介されていて、リアルな部屋掃除にも、心の掃除にも両方役立つ本である。

『50過ぎたら〜』というタイトルから50歳を過ぎたシニア向けのものと限定するには、あまりにもったいない。汚れは軽いうちにささっと拭けば、後で大事にはならない。30代、40代どころか、10代にもおすすめだ。

必要ないものがある、それが「汚れ」

運気アップ・開運系の側面から片付けについて書かれた本が『ガラクタ一掃!開運片づけ術 お金、恋愛、住まい、すべてよくなる「運気のリフォーム」88』(著・小野十傅 1404円 学研パブリッシング)だ。

本書のなかに「部屋を片づけるときには動物の巣を手本にする」という項目があった。

小枝や葉っぱなどを使って一見無秩序に作られた鳥の巣も、実は雛を守り、親鳥が出入りしやすい構造になっている。雛にとっても快適な環境で理にかなっている。人間の住家もそれが大事で、部屋がキレイでも的外れでは意味がない。たとえば受験生の部屋にテレビゲーム、一家だんらんのリビングルームに仕事道具など、不要なものが置いてあると開運の妨げとなり、「汚い」状態と同じだと紹介されている。

「勝手に片づけられたら困る」人にとっては、安心できるありがたい提言かもしれない。もちろんホコリを溜めるとか、「不潔」はだめらしい。念の為。