いわゆるサプライズ選出はなし。G大阪の三冠に貢献した宇佐美も、アギーレ監督は選ばなかった。 (C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 2015年1月9日からオーストラリアで開催されるアジアカップに臨む日本代表のメンバー23人が発表された。
 
 本田圭佑や香川真司をはじめ、ブラジル・ワールドカップを戦ったメンバーが14人と、ハビエル・アギーレ監督は経験を重視した顔ぶれで大会連覇に挑む。
 
 ガンバ大阪の三冠達成に大きく貢献した宇佐美貴史は、選ばれなかった。
 
 日本の初戦は1月12日のバーレーン戦(@ニューカッスル)で、17日にイラク(@ブリスベン)、20日にヨルダン(@メルボルン)と対戦する。
 
 グループ2位以内で決勝トーナメントに進出し、日本が勝ち上がった場合、準々決勝は23日。準決勝は26日あるいは27日で、3位決定戦が30日、決勝は31日にシドニーで行なわれる。
 
 アジアカップを戦う23人は以下の通り。

【写真でチェック!】アジアカップに臨む日本代表メンバー23人

【GK】
川島永嗣(スタンダール/ベルギー)、東口順昭(G大阪)、西川周作(浦和)
 
【DF】
長友佑都(インテル)、森重真人(FC東京)、太田宏介(FC東京)、内田篤人(シャルケ/ドイツ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、塩谷司(広島)、酒井高徳(シュツットガルト/ドイツ)、昌子源(鹿島)
 
【MF】
遠藤保仁(G大阪)、今野泰幸(G大阪)、長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)、香川真司(ドルトムント/ドイツ)、清武弘嗣(ハノーファー)、柴崎 岳(鹿島)
 
【FW】
豊田陽平(鳥栖)、岡崎慎司(マインツ/ドイツ)、本田圭佑(ミラン/イタリア)、小林悠(川崎)、乾貴士(フランクフルト/ドイツ)、武藤嘉紀(FC東京)