日歯連1億円献金隠し事件で、検察審議決下す

【ライブドア・ニュース 27日 東京】 − 自民党旧橋本派の政治団体「平成研究会」(平成研)が日本歯科医師連盟(日歯連)から受け取っていた1億円の献金を隠していた事件で、東京第二検察審査会は27日までに、橋本龍太郎元首相(67)、青木幹雄党参院議員会長(70)、野中広務元官房長官(79)の3氏に対する検察の不起訴処分は不当という議決を下した。

検察審査会が「不起訴不当」と判断した場合、検察官はその議決をもとに、起訴すべきかどうかを再検討することになる。

同検察審は、橋本元首相に関する「不起訴不当」の理由として、当時の同派会計責任者滝川俊之氏(55)=有罪確定=に対する監督上の過失があること、日歯連からの寄付を直接受領した事実などをあげている。また、元首相が現役国会議員であるという社会的地位にかんがみても、「嫌疑不十分」との検察の判断に国民は納得しないとした。元首相の入院中に平成研幹部が「領収書は発行しない」との決定を行なったことについても、その期間中に秘書や幹部と面会していることから、報告を受けていた可能性があるとしている。

 青木・野中両氏については、同検察審は領収書不発行・収支報告書不記載を決めた平成研幹部会の一員であることを重視。両氏が日歯連との会食に参加していたことや、野中氏が滝川氏の直属の上司であり平成研事務総長であったことなどを「不起訴不当」の議決理由とした。【了】

ライブドア・ニュース 比嘉杏里記者