加藤茶の嫁・綾菜を生んだ謎の集団「金持ちと結婚する会」、現役メンバーに直撃インタビュー!

写真拡大

 2011年6月、ザ・ドリフターズの加藤茶が、当時23歳の綾菜と“45歳差婚”を果たし、世間に衝撃が走った。親子以上に離れた年の差と、綾菜の派手な見た目により、結婚当初から「遺産狙い説」が噴出。疑惑の女・綾菜はメディアの格好の標的となり、かつて「金持ちと結婚する会」なる謎の集団に出入りしていたことまで発覚、人々の好奇心を刺激した。今回、サイゾーウーマンは、うわさの「金持ちと結婚する会」のメンバー・S子さん(仮名)に接触。一般人は想像だにできない同会の実態と彼女たちの渦巻く欲望に迫った。

――そもそも「金持ちと結婚する会」とはなんなのでしょうか。

S子 アイドルやモデルなどの「タニマチがほしい人」という人が、お金持ちの男性と出会うためにできたのが始まりのようです。可愛い女の子と出会いたいお金持ちの男と、タニマチがほしい女という需要と供給が一致し、自然発生的に生まれた文化だと思います。話によると、20年、30年前……いやもっと古くからあるみたいです。現在では、タニマチだけでなく、結婚相手を探す場にもなっており、「金持ちと結婚する会」という名前がつきました。ただ、この会はある特定の1団体を指すわけではなく、似たような会はいくつもあります。その総称が「金持ちと結婚する会」なんです。だいたい10人ほどの男女で会を開き、マンションの屋上で泡風呂に入りながらシャンパンパーティー……なんてこともたまにはありますが、友達がオーナーを務めるお店などでの食事会が多いです。

――S子さんが参加する会には、どのようなメンバーがいるのでしょうか。

S子 私の会に限らず、読者モデルや元モデル、元アイドルなど、なにかしら業界の仕事をかじったことのある子ですね。みんな、ある程度裕福な家に生まれた子ばかりなのも共通しています。そういう子は幼い頃から、自分より裕福な生活をしている人を間近で見てきたため、「私ももっといい暮らしがしたい」と野心を持ちやすいんです。貧乏な子はいませんね。「お金がほしい」というのが前面に出てしまい、男に煙たがられるし、そんな子を会に呼んでしまった女も白い目で見られてしまいますから。

 綾菜ちゃんも、芸能事務所に入っていたと思います。でもそんなにしょっちゅう仕事がないから、キャバ嬢をしていた……というよくあるパターン。「金持ちと結婚する会」メンバーは、事務所に入っていない、もしくは入ったことがない子はいないですよ。そこそこ可愛ければ無料で入れるし、事務所を「緊急時の連絡先」としても使えるからすごく便利なんです。私も昔芸能活動をしており、最初は先輩のアイドルから誘われてこの会に出入りするようになりました。当時はまだ中学生でしたね。

――会の年齢層はどれくらいなんですか。

S子 今私が顔を出している会は、結婚を目的とする人が多いので、20代前半から30代後半の女性が中心ですが、同じようなほかの会には50代の人もいると聞きます。バブル世代で贅沢を知っているだけに、この不景気で夫や自分の収入が下がったことに焦りを感じて、新たな金脈を探しにきているようです。まぁ、年齢や既婚未婚問わず、自分の生活水準を上げてくれるような男には、常に出会いたいと考えていますよ。

――上を目指したいという野心あふれる女性が多そうですね。

S子 そうですね。人に羨望されたいという思いが強いんです。人よりもいいレストランで食事をする、人よりもいいバッグを持つ、人よりもいいお洋服を着る、人よりもいい車に乗る……そういう自分であるためには、やっぱりお金がいる。だから別に、ただお金が好きなわけじゃないんですよ。「コツコツやりくりして、うん千万円貯める」なんてことには、まったく興味がわきません。あくまで、自分が人よりも高い位にいたいだけなんです。

 そのためには、お金持ちの男をゲットするだけでなく、自分自身も人にあこがれられる華やかな仕事につきたい。例えば、コスメや洋服のプロデューサー、アパレルのプレスなどですが、これらの仕事につきやすいからと、読モをやっているという子がうちの会にも結構いますよ。しかも読モは、男ウケもいいから一石二鳥。

――読モって、そんな簡単になれるものなんでしょうか。

S子 もちろん、努力してますよ。まず読モになるために、都内有名私大を受験します。で、合格したら、入学前に美容整形をして、入学式に訪れる女性ファッション誌の「新入生スナップ」に写真を撮ってもらうんです。そうすると、編集部とのつながりができるので、自分のファッションブログなどを売り込む。あまりにゴリゴリ押しすぎると、編集部に引かれる可能性もあるので注意が必要ですが、こうして読モへの道を開拓していくケースは少なくありません。読モになれば、アパレル業界やマスコミ業界にもパイプができ、プロデュース業やアパレルのプレスにも有利になるわけです。本当に、この「新入生スナップ」に載れるか載れないかで、大学4年間、ひいてはその後の人生が大きく左右されるといってもいい。

 スナップされなかったとしても、例えば、可愛い子やかっこいい子が集まる話題のイベントを開催する“格の高い”有名サークルに入るなどすれば、まだ業界とのつながりもできるかもしれませんが、普通に大学に通い、普通に格の低いサークルに入り、普通に就活をしても、アパレルのプレスなんかには絶対なれない。もし運良く入り込めたとしても、そういう子に待っているのは、結局裏方の連絡係。メディアに出るような華やかなプレス仕事は、大学時代に読モとして活躍していた子にかっさらわれてしまいます。そういう意味で読モの子は、将来のことをしっかり考え、種まきをしてきた子といえますね。

――お金持ちの男といっても、さまざまな男がいると思いますが、人気の職業は。

S子 医者や弁護士もそこそこ人気ですが、「サラリーマンだけど、実は実家が大金持ち」という男は人気です。男の財布だけじゃなく、その親の財布も視野に入れています。芸能人が好きな子もいるけど、不安定だからと嫌う子もいます。逆に収入も将来性もあるけど不人気なのが、銀行員。髪を染めるな、派手な格好はするなと、銀妻にはいろいろと制約が多く、自由度が低いんです。やっぱり、「人よりも上でいたい」のが一番の願望なので、オシャレができないのはちょっと……。

――マスコミ関係が人気かなというイメージがあるのですが。

S子 電通や博報堂、テレビ局も人気ですが、これは収入の面以外に、“女友達との関係を円滑にするのに使えるから”という理由も。一緒に会に出る女友達はライバルですが、自分を飾るためには重要なもの。美人でオシャレな女友達がいるだけで自分の価値も上がるし、彼氏や旦那にも「S子ちゃんの友達もみんな美人だね」って、いい思いをさせてあげられるじゃないですか。だから、そういう女友達をキープしておくために、大手マスコミ経由でゲットしたコンサートのプレミアチケットなどをプレゼントするんです。もしかしたら、「金持ちと結婚する会」の女たちは、足の引っ張り合いをしているのではと思われてるかもしれませんが、そんなことしたら煙たがられて会に呼ばれなくなるだけ。だからみんな表面上はおおらかな子ばかりで、会ではお互いを褒めあっていますよ。まぁ、陰では「あの子、呼べばすぐ来るから便利だけど、絶対メンヘラだよね(笑)」とか悪口は言い合ってますが。

――やっぱりドロドロしてますね……。

S子 ちゃんと腹を割って話せる友達もいますよ。そういう子とは、“収穫祭”という名のランチ会を行っています。どんな男とつながったかをぶっちゃけ合う会で、乾杯の音頭はいつも「働け、耕せ、私に貢げ! カンパ〜イ!」。男がかわいそうと言われそうですが、彼らは私たちの思惑を知っています。でもみんな「俺はこれだけ女に金を使えるすごい男だ」と思ってるから、なんら問題ありません。私が今デートをしている男のうちの何人かは、「S子ちゃんがお金を使えば使うほど、仕事にもやる気がでる」と言っているし、私っていいことをしているなと思うんです。需要と供給がピタリと合ってる。

――「デートをしている男のうちの何人かは」といっていましたが、複数の男性とお付き合いしてるんですか。

S子 私だけじゃなく、会の女の子は、並行して何人もの男と付き合ってますよ。最近気づいたんですけれど、男が30人いると、デートのスケジュールがぐちゃぐちゃになってしまい、男からクレームが出るので、20人くらいがベストかな。

 結構大変なんですよ、男にお金を使わせるのって。お金持ちと結婚できたってそこがゴールじゃないし、自分自身が魅力的であるのはもちろん、先ほども言った、美人の女友達をキープしておくなど、とにかく旦那をいい気持ちにさせ続けなければ、お金を使ってもらえない。やっぱり、誕生日のときに「ほしいものが3つあって迷ってる」といったら、「じゃあ全部買ってあげるよ」と旦那さんに言わせたいじゃないですか。

――つまり旦那さんに、ずっと好きでいてもらいたいということですか。

S子 いえ、旦那より自分の方が立場が上の状態を保ちたい、君臨したいという思いですね。だいたい「S子ちゃんはお財布持って行かなくてもいいよ」って言ってくれる人にしか、好きという感情もわきませんね。「人間的に成長させてくれる相手が好き」と言う人は多いですけど、やっぱりお金を使って一流のものに触れなければ、成長もなにもないと思います。

 やっぱり私たちの根っこは「上に立ちたい」。そのときの高揚感がたまらないんです。綾菜ちゃんもそうじゃないかな。加藤茶と結婚することで、大物芸能人の妻というステイタスを手に入れたことがうれしいんだと思います。アクセサリーの通販ショップ経営に乗り出したのも、今の時代、神田うののような「ビジネスでも成功している妻」が羨望を集めているからでは。とにかく「上へ上へ」。綾菜ちゃんは、自分のやりたいことがはっきりしていて、それをかなえてくれる人と一緒にいるという点で、まったく間違ってない。でもまぁ、茶くらいの年収で、メディアに散々取り上げられて有名人になってしまったばかりに、公にほかの男と遊べなくなるのは、私は嫌ですけどね(笑)。