<タイ選手権 最終日◇14日◇アマタスプリングCC(7,488ヤード・パー72)>
 アジアツアー「タイ選手権」の最終日。全選手がハーフターンを終え、この日、首位からスタートしたマーカス・フレイザー(オーストラリア)が3バーディ・1ボギーで2つ伸ばし通算7アンダーで首位をキープ。後半へ入った。
 1打差の通算6アンダー2位にはこの日3つ伸ばしたマーティン・カイマー(ドイツ)がつけた。通算5アンダー3位にはリー・ウェストウッド(イングランド)が続く。続く通算4アンダー4位にはトミー・フリートウッド(イングランド)。通算3アンダー5位にはスコット・ヘンド(オーストラリア)がつける。
 その他の注目選手ではバッバ・ワトソン(米国)が通算3オーバーで20位タイ。セルヒオ・ガルシア(スペイン)が通算4オーバー27位タイとしている。
 また、この日2つ伸ばし通算イーブンパー10位タイにつけている片岡大育が日本勢最高位。通算2オーバー16位タイに岩田寛。通算3オーバー20位タイには川村昌弘と市原弘大がつける。さらに通算6アンダー37位タイに片山晋呉。そして今大会で世界ランク上昇を目指した小田孔明は通算9オーバーで塚田好宣と並び50位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>