<Q-スクール・ファイナルステージ 3日目◇13日◇PGAナショナル>
 現地時間13日、来季下部ツアーのウェブ・ドットコム・ツアー出場優先順位を決めるQ−スクール・ファイナルステージの3日目の競技が行われた。日本から唯一参戦している小平智はこの日ファジオCでラウンド。34位タイからスタートしたが4バーディ・7ボギーの“75”と崩し通算1オーバー81位タイまで順位を後退させた。
 通算2アンダーの34位タイからスタートした小平は、ファジオCのOUTコースからラウンドを開始。スタートホールの1番でバーディを奪い好発進を切るが、その後7番までにボギー4つを叩き後退。8番で1つ戻すも前半は2つ落としてしまう。
 前半では3連続ボギーなどでスコアを落とした小平、後半でも10、11番と連続ボギースタートと流れに乗れない。その後2つバーディを連取するも最終18番をボギーとしてしまい結局通算1オーバーでホールアウト。厳しい1日となった。
 この大会では45位以内に入れば入れ替え戦2回戦までのシードが与えられる(トップ10に入れば3回戦、優勝すると入れ替え戦全試合までのシード権が与えられる)が、圏内の34位タイから圏外の81位タイに大きく後退。残り3日でどこまで巻き返せるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>