掃除ができないルンバは、プログラミングの楽しさを教えてくれる「iRobot Create 2」

写真拡大

掃除ロボットの代表格のひとつ、ルンバに、一風変わったアイテムがラインナップされることになった。「iRobot Create 2」は、掃除ができないかわりに、ユーザーにプログラミングの楽しさを教えてくれる。

「掃除ができないルンバは、プログラミングの楽しさを教えてくれる「iRobot Create 2」」の写真・リンク付きの記事はこちら

これで猫たちは、魅力的な乗り物を、また新たに手に入れることになる。200ドルのプログラミング可能な、しかし掃除機能がついていないルンバ「iRobot Create 2」は、コードに精通した猫であれば、正確なコントロールで楽しく乗り回すことができる──。

iRobot Create 2 はSTEM (サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学) を学ぶ学生を念頭に置いて開発されたものだ。

iRobot Create 2はオープンインタフェースなので、コンピューターやマイクロコントローラーをシリアルポートにつなぐことで、このロボットをコントロールすることができる。Arduinoや、ロボットに内蔵されたRaspberry Piのコマンドを実行することも可能だ。

iRobot Create 2は、「内蔵モード」を備えている。接続時、ユーザーが手動でコントロールできるようににしたり、階下への落下を防ぐセミマニュアルモードを使用したり、または単にセンサーからデータを読み込むこともできる。ホコリを吸い上げることはできないが、掃除機のプリセットオプション──例えばスケジュール機能や、自動で充電器へ戻る機能、偽の掃除などを備えている。

ワイヤレスコントロールのために、前述のArduinoやRaspberry PiをiRobot’s Create 2の販売店で追加できるのに加え、パーツ類が必要なときには、プリントアウトすることも可能だ(オプションのトレイやパーツを付け加えるための3Dプリンター用ファイルが存在している)。

(関連記事)ルンバのイノヴェイションは「11年間ブラシを改良してきた」から生まれた

TAG

3D PrintingiRobotRobotRoboticsRoomba